top_line

注目の気鋭4バンドが大阪に集結ーーカネヨリマサル、サバシスター、バイリンジボーイ、Conton Candyが『ざわめきプレイリスト』で早耳リスナーの心を鷲掴み

SPICE

『ざわめきプレイリスト #4』 撮影=ハヤシマコ


『ざわめきプレイリスト #4』2022.11.20(SUN)大阪・心斎橋Music Club JANUS

「今をざわめかせているアーティストを、1つのプレイリストに見立ててリスナーに聴いてほしい」という想いを込めて、大阪で不定期で開催されているライブイベント『ざわめきプレイリスト』。10月30日(日)に梅田クラブクアトロで行われた『#3』から約1ヶ月経った11月20日(日)、『ざわめきプレイリスト #4』が心斎橋Music Club JANUSで行われた。「#0」を含めて通算5度目の開催となる今回の出演者は、Conton Candy、バイリンジボーイ、サバシスター、カネヨリマサルの4組。早耳のロックキッズが注目している新進気鋭の4バンドが揃った。MCをつとめたのは、大阪のラジオ局・FM802 DJの樋口大喜。SPICEでは今回も若きライブバンドが集った大阪の夜をレポートする。

街にはクリスマスの気配も漂いはじめた頃。少し肌寒さが感じられる気温の中、心をざわめかせるバンドたちのライブを一眼見ようとジャニスには多くの音楽ファンが訪れていた。Spotifyでは恒例の出演アーティストの楽曲プレイリストが作られ、さらに開演前と転換中は、会場内BGMでは過去の「ざわめきプレイリスト」に登場したアーティストの楽曲が会場の温度を高めていた。なお、今回も毎年秋に大阪・アメリカ村の一体で行われるミュージックサーキットイベント『MINAMI WHEEL』の『-MINAMI WHEEL EDITION-』として開催され、『ミナホ』のパスを提示すると500円のキャッシュバックするキャンペーンも行われていたこともあり、『ミナホ』参加者も多く詰めかけていた。

FM802 DJ 樋口大喜


広告の後にも続きます

今か今かと開演を待つオーディエンスの熱気が立ち込める中、定刻になるとMCの樋口が「ざわざわしております」とステージに登場。イベントの概要を説明し、「双子のグルーヴ、むき出しの歌詞、感情が揺さぶられまくりです」と早速トップバッターのConton Candyにバトンを渡した。

Conton Candy

Conton Candy


SEが流れ、メンバーがステージに走り込む。Conton Candyは、2018年に高校の軽音楽部で結成された東京発のスリーピースバンド。楓華(Ba.Cho)と彩楓(Dr.Cho)は双子の姉妹だ。ステージからは彼女たちのやる気がみなぎっていた。「いくぞジャニス!」と紬衣(Vo.Gt)が叫び、勢いよく「ロングスカートは靡いて」をドロップ。疾走感のあるビートに合わせて紬衣がパワフルに歌唱。サビでは早速手が挙がり、会場の温度を上げていく。

Conton Candy


続けて演奏された「執着」では、感情を込めるように力強い眼差しで歌う。3人の息の合ったキメも披露して、彼女たちの実力をしっかりと提示した。イントロからクラップが巻き起こった「リップシンク」では軽快なギターリフを響かせる。楓華と彩楓のコーラスワークもバッチリ決まり、明るい雰囲気で会場を満たした。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル