top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「Wi-Fiは肌に悪影響」発信でゆうこすが改めて謝罪「深くお詫び申し上げます」

yutura

12月2日、「ゆうこす」(登録者数86万人)が自身のツイッターを更新。誤情報の発信について改めて謝罪文を掲載しました。

「Wi-Fiは肌に悪影響」と誤情報を発信し謝罪、「言い間違え」と釈明

「ゆうこす」こと菅本裕子は元HKT48のメンバーで、現在は美容系YouTuberとして活動しています。

ことの発端となったのは、ゆうこすが11月19日と27日に公開した2本の動画。この中でゆうこすは、ブルーライトやWi-Fiは肌へ悪影響があると説明。その上で、自身がプロデュースしたスキンケア商品は「RCバリアコンプレックス」が含まれており、皮膚をWi-Fiからガードできると紹介していました。

これに対し30日、皮膚科専門医を名乗るツイッターの人気ユーザー「やさひふ」が「実際はwi-fiが人体へ有害という適切な根拠はありません」と指摘。「本当に良い製品であれば、その有効性が論文にまとめられて広く利用されますよね。臨床試験すらされていない話を信じてはダメですよ。」と注意喚起しました。

するとゆうこすはツイッターで「申し訳ございません。Wi-Fiじゃなくてブルーライトのみでした、、私のいい間違えでした」と謝罪。問題となった動画2本を非公開とし、このツイートも11月30日14時までに削除しました。

広告の後にも続きます

しかし、ゆうこすは通販サイトやSNSでも「Wi-Fiから保護する」ことを謳っていたため、ツイッターでは「流石にこれで『いい間違えでした』はないですね」などとこの説明を疑問視する声も上がっていました。

改めて謝罪「誤解を招く表現をしましたことは重く受け止めております」

こうした声を受けてか、ゆうこすは12月2日に自身のツイッターを更新。今回の騒動について

誤解を招く表現であるとのご指摘をいただき動画を削除しましたこと、またその後ツイッターにて「言い間違えました。」と投稿したことに関しまして、皆様に重ねて誤解を深めてしまい、深くお詫び申し上げます。

と改めて謝罪。

普段の環境から受けるストレスをケアしたい、そういった目的を含む化粧品を開発したいという思いがあり、そのストレスの原因となる事柄の説明に、誤解を招く表現をしましたことは重く受け止めております

と釈明しています。指摘された箇所は混乱を招かないよう各所速やかに対応しているとした上で、今後について「このようなことがないよう、正しい情報の提供とより良い品質のモノづくりに真摯に努めてまいります」としています。

ユーチュラ編集部が確認したところ、記事執筆時点で現在通販サイトやSNSに記載されていたWi-Fiに関する説明文は訂正・削除されています。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル