top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』ペイトン・リード監督続役、新たなアベンジャーズに繋がる新作

FASHION PRESS

映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』ペイトン・リード監督続役、新たなアベンジャーズに繋がる新作

マーベル映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』が、2023年2月17日(金)に公開される。シリーズお馴染みのペイトン・リードが監督を務める。

マーベル“最小ヒーロー”アントマンをおさらい

アントマンは、特殊なスーツによって、身長わずか1,5cmに変身できるマーベル・ユニバースの中の“最小”ヒーロー。第1作目『アントマン』では、アントマンの誕生を、第2作目『アントマン&ワスプ』では新たな仲間と共に謎の強敵に立ち向かう姿を描いたほか、マーベルの人気作品『アベンジャーズ』シリーズにもたびたび登場。

全宇宙の存続をかけたシリーズ完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』においては、量子世界を使ったタイムトリップの可能性に気づき、物語のカギを握る重要な役割を担った。

アントマンが再びスクリーンに!新たなアベンジャーズへ繋がる注目作

そんなアントマンが、シリーズ第3弾となる『アントマン&ワスプ:クアントマニア』で再びスクリーンにカムバックする。1作目『アントマン』でクビになったサーティワンアイスクリームで“世紀の従業員”として表彰されるシーンがあるなどユニークな部分もありつつ、圧巻の量子宇宙の世界を描き出す、ダイナミックな世界観を楽しめるアクション超大作となっている。マーベル史上最も“ビッグ”で、アベンジャーズ史上最も“小さい”ヒーローの“盛大”な活躍に注目だ。

尚、マーベル・スタジオのプロデューサーであり社長のケヴィン・ファイギは本作について「今までの映画と違い、新たな“アベンジャーズ”に繋がる作品」と明言。次の『アベンジャーズ』新作映画『アベンジャーズ:カーン・ダイナスティ(原題)』にも出演するヴィラン“カーン”も登場している。

また、アントマンを演じるポール・ラッドは、「ちっぽけなヒーローが巨大な事をするんです。僕らがこれまでにお届けしたものと全然違います。そして(カーンを演じる)ジョナサン・メジャースは最高」と、本作について語っている。

実験中の事故から“量子の世界”へ、“ヴィラン”カーンも登場

『アベンジャーズ/エンドゲーム』では活躍を見せたものの、“アントマン”ファンの子供とハイタッチをしても本人であるとは気づかれず、コーヒーショップの店員には「ありがとう スパイダーマン!」と間違われる始末のアントマン。愛するホープ(ワスプ)、娘のキャシーら家族とともに幸せな日々を過ごしていたが、実験中に事故が起こり、スコット・ラング、ホープ、キャシー、ピム博士、ジャネットは量子の世界に引きずり込まれてしまう。

誰も到達した事のない、想像を超えた世界で「手を貸すならば、家に帰してやる。さぁ どうする?」と接触してきた男こそが、カーンだった。

ポール・ラッドら続投、カーンはジョナサン・メジャース

キャスト陣は、ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファーが続投。また、ジョナサン・メジャース、キャスリン・ニュートンに加え、量子物理学を扱った名作『ゴーストバスターズ』にも出演するハリウッドのレジェンド俳優ビル・マーレイも参戦する。

広告の後にも続きます

■主人公アントマン/スコット・ラング…ポール・ラッド
元泥棒でバツイチ、身長1.5cmの最小ヒーロー。小さくなることで超人的なパワーを発揮する。宇宙の生命の半分が消されていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』では量子世界を使ったタイムトリップの可能性に気づき、キャプテン・アメリカや、天才トニー・スタークらに伝えたことで重要な役割を果たした。愛するホープや娘のキャシーとともに幸せに暮らしていたが……?

・ワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン…エヴァンジェリン・リリー
ピム博士の娘。アントマンと同様に小型化する能力を持っている。自らも優秀な物理学者で父の研究パートナーを務める。

・ハンク・ピム…マイケル・ダグラス
ホープの父親であり、天才科学者。アントマンやワスプのスーツを創り出した、初代アントマン。

・ジャネット・ヴァン・ダイン…ミシェル・ファイファー
ピム博士の妻であり、ホープの母親。かつてはピムとともに初代ワスプとして活動していた。

・カーン…ジョナサン・メジャース
ヴィラン。量子の世界に引きずり込まれたスコットらに「手を貸すならば、家に帰してやる。さぁどうする?」と接触を図る。

・キャシー…キャスリン・ニュートン
アントマンの娘。

監督はペイトン・リード、脚本はジェフ・ラブネス

監督は『アントマン』シリーズ前2作品をヒットへ導いたペイトン・リードが続投。脚本は、次のアベンジャーズ映画作品『アベンジャーズ :カーン・ダイナスティ(原題)』も担当する事が噂されるジェフ・ラブネスが手がける。

【詳細】
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』
公開日:2023年2月17日(金)
監督:ペイトン・リード
脚本:ジェフ・ラブネス
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、ミシェル・ファイファー、ジョナサン・メジャース、キャスリン・ニュートン、ビル・マーレイ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル