top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ラインの内側だったのか?」スペイン撃破のVAR判定弾に、海外では“誤審”の声が殺到!「VARによる重大な失態」とも【W杯】

THE DIGEST

「ラインの内側だったのか?」スペイン撃破のVAR判定弾に、海外では“誤審”の声が殺到!「VARによる重大な失態」とも【W杯】

 日本対スペインの試合でのVAR判定が、海外メディアを中心に波紋を呼んでいる。

 現地時間12月1日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のスペイン戦で、2-1で大金星を挙げた日本。11分にアルバロ・モラタに先制点を許したものの、48分に堂安律がゴールネットを揺らすと、51分には三笘薫がゴールライン際から中央に折り返した球に田中碧が押し込み、サムライの底力を世界に示した。

【動画】「ラインの内側だったのか?」物議を醸すシュートシーンをチェック

 グループEの首位通過を決め日本国内は歓喜に満ちている一方、2点目直前にゴールラインを割っていたと主張する声が大きいのも事実だ。英紙『The Sun』は横から見た画像を掲載したうえで、「日本代表がゴールを決めたボールはここにあった」と言及する。

 米老舗スポーツメディア『Bleacher Report』は、「VARで日本代表のゴールを確認した」と速報を打ったうえで、「カウントされるべきなのか?」と疑問視。英専門メディア『goal.com』などに執筆していた元ジャーナリストのデイブ・オグレディ氏は、「VARによる重大な失態で日本に先制点を献上!」と誤審であったと嘆いた。
  また米放送局『Fox Sports』のジェイソン・マッキンタイアー記者は、「これは明らかにアウト、ラインを越えている」と糾弾し、「VARではラインの内側だったのか?私にはよく分からない」と困惑した様子を見せる。

 日本の粘り強いプレーが生んだ逆転弾。上から見た画像では、僅かにラインにかかっていたとも言われているようだが、いずれにしろVARチェックの結果は「ゴール」判定。周囲がなんと言おうとも、最終判定が覆ることはあり得ない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「世界の人々が苦しんでる」大会ファン宿泊施設に非難は止まず。英紙は提供される朝食を「悲劇的」と嘆き【W杯】

【関連記事】「信じられない! 同じ日本と認識できない」森保ジャパンのスペイン撃破に世界も衝撃! 英放送局は「モリヤスは戦術の天才だ」【W杯】

【関連記事】「黄金世代の終わりだ」ベルギーの早期敗退に母国紙は悲観の声。指揮官は「私の時間は終わった」と退任公表【W杯】
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル