top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨大な隕石の中からこれまで地球になかった未知なる2つの鉱物が発見される

カラパイア


 ソマリアに落下した 16.5 トンもの巨大隕石から、これまで地球上に存在しなかった、誰も見たことのない新種の鉱物が2種発見されたそうだ。

 これらの鉱物は、小惑星がどのように形成されるかについての重要な手がかりを保持している可能性があるという。

巨大隕石に含まれる未知なる2種の鉱物

 新しい鉱物が見つかったのは、2020年に発見された 16.5 トンの「エル・アリ隕石(El Ali)」からだ。

 ここから採取された70グラムの片を調べていた研究チームは、見たことのない特徴があることに気がついた。合成された鉱物と比較してみた結果、それが新種の鉱物であることが判明したという。

 新種の鉱物は、それぞれ「エラライト(elaliite)」と「エルキンスタントナイト(elkinstantonite)」と命名されている。

 新種が含まれていた隕石の名称と、アリゾナ州立大学の惑星学者で、NASAのサイキ計画の主任研究員でもあるリンディ・エルキンス=タントン氏にちなんだものだ。

 新種の鉱物とは、地質学的条件や岩石の化学的性質が、知られているものとは異なるということだ。それゆえに刺激的なのだと、アルバータ大学のクリス・ハード教授はプレスリリースで説明する。

ル・アリ隕石から採取された70グラムの断片。ここから新種の鉱物が2つ発見された/Image credit: University of Alberta Meteorite Collection

小惑星の形成プロセス解明の手がかりに

 エル・アリ隕石は、IAB鉄隕石複合体(ケイ酸塩の小さな塊が斑点状になった隕鉄でできた隕石)に分類される。

 研究チームは今後、この隕石の起源である小惑星がどのような状況で形成されたのか解明するために、さらに調査を進める予定であるとのこと。

 「この岩石が含まれていた小惑星の地質学的プロセスと地質学的な歴史をどのように解明するか、それが私の専門分野です」とハード教授は語る。

 研究チームは、この鉱物の材料科学への応用も視野に入れているというが、それもどこまでできるか定かではない。

 というのも、エル・アリ隕石は買い手を求めて中国に運び込まれたからだ。これを手にする人物が科学に理解のある人物であることを祈ろう。

References:New minerals discovered in massive meteorite may reveal clues to asteroid formation | Folio / New minerals discovered in massive meteorite may reveal clues to asteroid formation | Folio / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル