top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ドーハの歓喜、再び! 立役者の堂安律「まだ歴史を塗り替えたわけではないが、大きな壁を乗り越えた」「一戦目は奇跡じゃなかった」

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】日本2-1スペイン(日本時間12月2日/ハリファ インターナショナル スタジアム)

 日本代表MFの堂安律(フライブルク/ドイツ)が、ドイツ戦の劇的同点弾に続き、スペイン戦でも日本の窮地を救う同点ゴールを挙げた。日本はその後、田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)のゴールで逆転に成功すると、スペインの反撃を退けて悲願のグループステージ突破、さらに初となるベスト8進出に向け、望みをつないだ。

【映像】堂安律の劇的同点弾

 サッカーのFIFA ワールドカップ カタール 2022・グループEの最終節が行われ、FIFAランキング24位の日本が格上のスペイン(同7位)と対戦。グループステージの無条件突破に向け絶対に負けられない日本はスペインに先制点を許す苦しい展開で前半を折り返すと、後半開始から投入された堂安が48分、ドイツ戦で起死回生の同点ゴールを彷彿させる劇的同点弾を挙げた。さらに51分、ボックス右に侵入した堂安律のクロスボールに、逆サイドの三笘薫がライン際で折り返すと、ゴール前に飛び込んだ田中碧が押し込んだ。しかしスペイン側はGKキックを主張。その後VARが介入すると、ボールはエンドラインを割ってなかったことが判明。日本のゴールが認められ、スペイン相手に逆転に成功した。

 試合後、歴史的勝利の立役者の一人となった堂安は「まだ歴史を乗り越えたわけではないが、大きな壁を乗り越えた。チーム一丸となって戦えた結果だと思います」と喜びを語った。

広告の後にも続きます

 さらにゴールのシーンについて問われると「あそこは俺のコース。あそこで持てば絶対に打ってやると決めていたので思い切って打ちました」とも。

 続けて、ドイツとスペインから得点を奪い、歴史的ジャイアントキリングの立役者になったことについては「一戦目が奇跡じゃなくて、必然で勝ったと国民の皆様に思ってもらえる」と格上であるドイツに続くスペインの連続撃破に胸を張った。

 その一方では「ベスト16の壁をまだ乗り越えられていないので、きょうは本当にたくさんみんなで喜んで、明日から切り替えたいと思います」とも。ドイツ戦での歴史的勝利、そしてコスタリカ戦で敗戦を乗り越えた日本は、堂安の言葉どおり“チーム一丸”となってベスト8進出に向かっていく。(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

(C)Getty Images

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル