top_line

逆転ゴールの田中碧「ワールドカップで点を取るということをイメージしていた」ドーハの歓喜再び スペイン代表に歴史的勝利

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】日本2-1スペイン(日本時間12月2日/ハリーファ国際スタジアム)

 日本代表がスペイン代表に2-1で劇的な逆転勝利を果たした。前半の早い時間に失点し、ボールも支配された日本代表だったが、後半に攻撃的な選手を投入し試合の流れを変えると、48分に堂安律が値千金の同点ゴール。さらに3分後の51分に田中碧が体ごと飛び込むようにして逆転ゴールを決めた。試合後、田中は「自分はワールドカップで点を取るということをイメージしていた」と喜びを噛み締めた。

【映像】田中碧、歴史を変える逆転ゴール

-今の気持ちは。

 前回負けて、ドイツに勝ってからちょっと(決勝トーナメントに)行けないんじゃないかという雰囲気が漂っていたんですけど、自分たちのことを信じていましたし、今日もたくさんの方が応援してくれたんで、しっかり勝って、決められてよかったなと思います。

広告の後にも続きます

-前半苦しかった。後半の修正は。

 ある程度ドイツとの試合をイメージしながら、前半は0-0で進めるのが理想でしたけど、1失点してしまったのはしょうがないのかなと。後半、(堂安)律のシュートから始まって、しっかりと逆転できたのは、力があったからと思います。

-逆転ゴールは。

 自分を信じていましたし、自分はワールドカップで点を取るということをイメージしていたんで、実行できてよかったなと思います。

-ドイツとスペインに勝った。

 今日の試合もそうですし、誰が出ても素晴らしい選手がたくさんいるので、全員の力で勝ち取った決勝トーナメントなんで。ただまだ何も成し遂げていないですし、ここから次の試合が新たな歴史の始まりだと思うんで、そこに向かってまたしっかりと準備したいと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル