top_line

中田青渚が語る、女優としての心境の変化と自身の恋愛観 「丁寧さを大事にしていきたい」

Real Sound

中田青渚(撮影:池村隆司)

 11月15日より放送がスタートしたドラマ『私のシてくれないフェロモン彼氏』(TBS系)。年下のイケメン彼氏こと有馬柊人(渡邊圭祐)と付き合いだしたものの、全然“シテくれない”ことに悶々としてしまう主人公・水川黎(島崎遥香)、そして“シナい”側の彼のすれ違いを描く作品だ。

参考:若葉竜也×穂志もえか×古川琴音×萩原みのり×中田青渚が語り合う 映画『街の上で』座談会

 女性から誘うことに関して「Why not?(なぜだめ?)」と声を大きくして言いたい、そんな現代的なテーマのラブストーリー。脚本を手がけるのは『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)や『サレタガワのブルー』(MBS/TBS)でお馴染みの舘そらみだ。まさに、セックスを軸に描く女性の悩みを赤裸々に描く名手である彼女が書き下ろした作品となっており、そんな本作に現在映画やドラマで活躍中の女優・中田青渚が出演している。黎と付き合い始めた柊人の大学の後輩であり、なんと柊人に想いを寄せている榊原ひとみ役。物語に波乱を巻き起こす役柄を演じた中田に、本作への出演と自身の恋愛観、仕事に関する悩みなどを語ってもらった。

■榊原ひとみ役とのギャップ

ーーまず、本作への出演が決まったときの感想から教えてください。

広告の後にも続きます

中田青渚(以下、中田):まず、台本を読む前にタイトルを聞いて、一番に「えっ、どういう話なんだろう」という印象でした。ただ、台本を読んでみると結構リアルなことをコミカルに見やすく描いている作品だったので、すごく新しくて面白いなと思いました。

ーー第1話では島崎遥香さん演じる主人公がサブスク会社で働き始める様子が描かれましたが、コワーキングスペースや働き方などすごく“今っぽさ”がある作品ですね。そんな本作で中田さんが演じる榊原ひとみについての印象は?

中田:はじめに台本を読んだときはものすごい子だなと思いました(笑)。最初の登場からインパクトがあるんです。ホテルに乗り込むので結構びっくりする部分が大きかったですが、それも好きが故の行動なんだなとか、やっちゃいけないこともあるけど真っ直ぐすぎる、素直すぎる子なんだなと思いました。それを感じられたときから、彼女を身近に感じるようになりましたね。

ーーご自身とのギャップが大きい役だったと?

中田:自分との違いは結構あります。役の仕事がインフルエンサーで、SNSを上手に使いこなして仕事をするのですが、私はどちらかというとそういうのに疎いので、そこも違いますし、いくら好きでも相手の会社に乗り込んだり、ホテルに行ったり、そこまではできないなと(笑)。その行動力はすごいなと思いました。

ーー中田さんはSNSが不得意なんですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング

ジャンル