top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和田雅成×木津つばさが明かす、お互いの意外な一面「ビジネス仲良しを押していこうかな…」

WEBザテレビジョン

和田雅成×木津つばさが明かす、お互いの意外な一面「ビジネス仲良しを押していこうかな…」

「仮面ライダーW」(2009年-2010年、テレビ朝日系)の正統続編である人気コミック「風都探偵」を舞台化した「風都探偵 The STAGE」が、12月29日(木)より上演される。本作は、探偵・左翔太郎(和田雅成)が相棒・フィリップ(木津つばさ)と共に仮面ライダーWに変身し、風都で起きる怪事件に挑む模様を描く。上演に先駆けて、翔太郎役の和田とフィリップ役の木津に、本作への熱い思いを語ってもらった。

■木津「ずっと“誰かのヒーロー”になりたかった」

――まずは出演が決まったときの率直な感想を教えてください。

木津:僕、ずっと「誰かのヒーローになりたい」って言い続けていて、SNSやファンクラブでも言葉にしてきたんです。これで実現できるかもしれないっていう思いでオーディションに参加したんですけど、緊張しちゃって(笑)。10%くらいの力しか出せなかったんですよね。だから、合格って聞いたときはホッとしました。今でもいいプレッシャーを感じながら役に向き合えています。雅くん(和田)は「リバイスレガシー 仮面ライダーベイル」(2022年、TTFCオリジナル作品)も出てましたよね?

■和田「こんな形で『仮面ライダー』に関われる人生ってあるんだ」

和田:ただ、先に決まっていたのは「風都探偵―」の方だったんだけどね。それを含めて今は、こんな形で「仮面ライダー」に関われる人生ってあるんだって思っています。「仮面ライダー」は昔から見ているし、憧れていたけど、正直僕が関われる作品じゃないと思っていて。それがスピンオフドラマに出させていただいた上に、舞台にも出演させていただける。芸能生活10年を迎えた今、自分が培ってきたフィールドでも勝負させてもらえるって素直にうれしいです。

■和田「つばさはフラットに舞台に立てる人」

――すでに翔太郎とフィリップのような絆が、お二人の間にも垣間見えますが、舞台上で思いを通わせるのは、意外にも今回が初めてだそうですね。

木津:今まで舞台上で絡む役はやったことないですよね?

和田:親しいけど、別々の行動をしている役ってことが多いかも。

木津:板の上で思いを通わせるのは初なので、すごく楽しみです!大先輩に言う言葉じゃないですけど…(笑)。今からワクワクしてます!

和田:つばさはフラットに舞台に立てる人なんですよ。舞台ってナマモノだからせりふをかんだり、物を落としたり、ハプニングがつきもの。例えば、落ちてしまった物を芝居中に拾おうと考えて結局拾えない人もいますけど、つばさは普通に会話しながらパッと拾えるタイプ。舞台上で何があっても生きている感覚で対応しているんです。翔太郎とフィリップのように支え合って作品を作れるんじゃないかと思っています。

木津:演出の毛利(亘宏)さんからも信頼してるって言っていただけたので、自分の芝居に自信を持って、お互い高め合っていきたいですね。

■木津「雅くんの意外なところ…は恥ずかしがり屋なとこ」

――翔太郎とフィリップは変身すると一人のヒーローになる、“二人で一役”状態ですね。一人で二役ということはたまにありますが、“二人で一役”は割と珍しいように感じます。

和田:そうですね。ただ僕は、「2つの『ヒ』キゲキ」(2021年)という舞台で5歳の男の子と成人男性の多重人格の役をやって、役が抜けないという経験をしたことがあります。5歳の子の過去が自分の中に入り込み過ぎてしまって、千秋楽の翌朝7時まで涙が止まらなくて寝られませんでした。変な感覚だったけど、大事にしようと思って涙を止めるでもなく、そのまま朝まで受け入れていました。

木津:2つの舞台が重なって混乱することはあるけど、どんな感覚なんだろう…。自分もそういう役、やってみたいです!

――写真撮影中、仲むつまじい関係を指摘すると、和田さんは「舞台が終わるまでの“ビジネス仲良し”ですから」と笑い、それに木津さんが「本当に仲いいじゃないですか!」とおどけながらツッコミを入れていましたね。そんな姿からも関係性の良さが伝わってきました。そんなお二人が思う、相手の意外な一面ってありますか?

和田:つばさが「花が好き」って言っていたのは意外かも…。

木津:最近はヒヤシンスを育てていて、今度チューリップを植えようと思っています!雅くんの意外なところは、恥ずかしがり屋なとこ。

■和田「年を重ねるごとに仕事とプライベートの差がなくなってきた」

和田:恥ずかしがり屋!?

木津:以前、舞台上で僕がとっさに抱き付いたことがあったんです。そうしたら、小さい声で「本番ではやめろ」って言うから(笑)。

和田:シンプルに嫌だったんだよ!

木津:恥ずかしいんだろうな、かわいいな〜って(笑)。

和田:やっぱりビジネス仲良しを押していこうかな。大阪公演ではめっちゃ冷めた翔太郎になってるかも。「何でフィリップ助けに来たんやろ、いらんのになぁ」って(笑)。

木津:やめてくださいって!真面目にやらせていただきますから!

――では、今度はお二人が自身で思う、仕事とプライベートでのギャップを教えてください。

木津:仕事場では明るいけど、家ではいわゆる陰キャ。本来一人が楽っていう、陰キャ気質なんです。さっきから雅くんに「ウェーイ!」って絡んでますけど、後でちゃんと謝ります。

和田:謝らんでええわ(笑)。俺も昔は仕事とプライベートの差はあったかも。でも、年を重ねるごとにその差がなくなってきた。外でも家にいるときみたいに自分を取り繕わなくなったというか。トレーディングカード集め大好きです、とかも言っちゃう(笑)。

木津:かわいい!

◆取材・文=高橋梓

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル