top_line

日本代表、スペイン代表に痛い先制点許す 決勝トーナメント進出は勝利で確定、引き分けなら他試合の結果次第

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】日本-スペイン(日本時間12月2日/ハリーファ国際スタジアム)

 初のベスト8以上を目指す日本代表が、スペイン代表に痛い先制点を許した。決勝トーナメント進出は勝利すれば確定、引き分けの場合は同時刻に行われているドイツ代表とコスタリカ代表の試合次第という状況だが、負ければ即敗退決定という中で厳しい展開を強いられることになった。

【映像】スペイン代表が先制!日本代表、追いつけるか(生中継中)

 1戦目のドイツ代表には後半に積極的な選手交代と攻撃的な姿勢で2-1と逆転勝ちを収めた日本代表だが、2戦目は引いて守ってきたコスタリカ代表に苦戦。後半にミスから失点すると、そのまま取り返せず敗れ、1勝1敗で3戦目となるスペイン代表戦を迎えていた。試合前日の会見で、森保一監督は「世界の強豪と真剣勝負の場で戦えることを喜びで幸せ」と語り、選手とともに全てをぶつけて再び奇跡の勝利を目指していた。

 3戦目にして今大会初めて3バックでスタート、スペインのリーグでプレーする久保建英らがスタメン起用されたが、先制点が欲しい展開の中、痛恨の失点となった。ただ日本代表は、ドイツ代表が1-0で勝利した場合には、引き分けて勝ち点4で並んでも総得点で下回り敗退となることから、積極的に得点を奪いにいく必要があり、残り時間でさらにアグレッシブな戦い方を続けることになった。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル