top_line

日本代表、またも大金星!スペイン代表に歴史的勝利 2大会連続で決勝トーナメント進出「ドーハの歓喜」再び

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】日本2-1スペイン(日本時間12月2日/ハリーファ国際スタジアム)

 日本代表が、またも奇跡を起こした。グループEの最終戦でスペイン代表に勝利、2勝1敗の勝ち点6としグループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。FIFAランキング24位の日本代表は、同7位の優勝候補スペイン代表に対して奮闘。負ければグループリーグ敗退という土壇場で、11月23日のドイツ代表戦に続くジャイアントキリングを果たし、またしても世界を驚かせる「ドーハの歓喜」を起こした。

【映像】日本代表、スペイン代表に歴史的勝利を挙げた試合

 日本代表は今大会の最激戦区と呼ばれるグループEの初戦、ドイツ代表に2-1で逆転勝利を果たし、一気にグループリーグ突破に近づいたが、続く2戦目はコスタリカ代表を攻めきれず、後半にミスから失点して痛恨の敗戦。強豪スペイン代表に対して、グループ突破には最低でも引き分け以上、負ければ敗退決定と追い込まれた状況だった。

 試合は、日本代表がスペインのリーガ・エスパニョーラ、レアル・ソシエダでプレーする久保建英を先発起用。今大会初めて、開始直後から3バックを採用して森保一監督も勝負に出た。

広告の後にも続きます

 序盤からスペイン代表が長くボールを保持。日本代表は一気にカウンターを狙うという戦前の予想通りの戦い方になると、先制点はスペイン代表。11分、アスピリクエタのクロスにモラタが打点の高い豪快なヘディングでゴールを奪った。その後もスペイン代表が80%前後のボール保持率を維持。日本代表にとっては苦しい時間が続いた。さらに日本のDF3人に相次いでイエローカードが出されるなど、守備でも難しい状況を強いられた。

 すると森保監督は、後半開始から堂安律、三笘薫と攻撃的な選手を投入し、この采配がずばり的中。48分、前線でボールを奪うと堂安が豪快に振り抜き、GKの手を弾く強烈なゴールを決めた。さらに51分にはスペイン陣深くで細かくボールを回すと、ラインぎりぎりで三笘がスライディングしながらクロス、これに田中が体ごと飛び込んで逆転のゴールを決めた。また62分からは浅野拓磨、69分に冨安健洋、87分に遠藤航を投入し、前からプレスをかけスペイン代表に決定的なチャンスを作らせなかった。

 日本代表は前回のロシア大会に続いて2大会連続4度目の決勝トーナメント進出。グループEを首位通過したことで、次戦はグループF2位のクロアチア代表と12月6日の午前0時から、初のベスト8進出をかけて対戦する。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル