top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界最古のアルファベットが刻まれた象牙の櫛を発見。「アタマジラミどっか行ってくれ」と記されていた

カラパイア


 文字らしきものが刻まれた約3700年前の象牙の櫛が発見された。この文字は、アルファベットの原型となっている原カナン文字を使って書かれた最初の例だ。

 細かな歯をもつこの櫛は、数年前にイスラエル中央部の丘陵地帯にあるカナン人の都市、テル・ラキシュで発掘された。

 ところが、最近になるまで重要なことが見落とされていた。この道具に17の小さな文字が刻まれていたのだ。

象牙の櫛に刻まれていたのは「アタマジラミの根絶」

 象牙の櫛に刻まれた印の中で、かろうじて判別できる文字は、7つの個別の単語”「ytšḥṭḏlqmlśʿ[rw]zqt」”と記されていて、その意味は「この象牙が、髪や髭からシラミを根絶してくれますように」だという。

櫛に刻まれた文字を再構成すると、アルファベットのように見えるものがあるのがわかる。また、猫の絵ものようなものも示されている / image credit:Daniel Vainstub

読み取れて意味の分かるアルファベットの最古の例

 紀元前1700年頃に書かれたとされるこのメッセージは、カナン特有の文字として見つかった、初めての確かな文章だと考えられる。

 原カナン文字は、世界じゅうの文化で使われるようになったアルファベットの原型として知られている。

 現代のアルファベットのほとんどは、アラビア語、ギリシャ語、ヘブライ語、ラテン語、ロシア語などの古代文字から派生している。

 現代の中国語の書法の基礎になっている絵文字は、5000年ほど前にさかのぼるものだが、漢字の部首と記号のシステムは、必ずしも同じように単語の音韻の基礎に起因するものではない。

 初期のカナン語を表す独立した文字の例はほかにもたくさんあるが、読みとれて意味がわかる文字としてつなぎ合わされたものはなにもない。

カナン文字が刻まれた象牙の櫛。所々歯が折れている / image credit:Dafna Gazit, Israel Antiquities Authority

「これは、イスラエルで見つかったカナン語の初の文章です」エルサレム・ヘブライ大学の考古学者ヨセフ・ガルフィンケルは言う。
カナン人はシリアのウガリットに住んでいますが、彼らは今日使われているアルファベットではなく、違う文字を書いています。

この櫛に刻まれている文字は、3700年前の日常生活の中でアルファベットが使われていた直接の証拠です。人間の書く能力の歴史におけるランドマークといえましょう
 象牙でできているこの櫛は、長さ3.66センチ、幅2.51センチとかなり小さなものだ。

 そこに刻まれた文字は、さらに小さく、1ミリ以下のものもある。判読できないほど、薄れてしまっている文字もあり、隣にある文脈を考えないと、解読することは困難だ。

櫛の右端にある原カナン文字を拡大したもの / image credit:Dafna Gazit, Israel Antiquities Authority

裕福なカナン人でさえアタマジラミに苦しんでいた

 櫛の片側には、髪を梳かすための大きな歯の名残が6本あり、反対側には細かい歯が14本ある。シラミやその卵を取り除くためのものだったのだろう。

 この細かい歯の部分には、遥か昔のアタマジラミの硬い外皮が残っていた。

櫛の歯の間にあったアタマジラミの幼虫の残骸 / image credit::Dafna Gazit, Israel Antiquities Authority

 これは、最古のアタマジラミの証拠ではなく、人間の毛髪から見つかったものの中には少なくとも1万年前のものも見つかっている。

 しかし、裕福なカナン人でさえ、この害虫に悩まされていたことがよくわかる。

 櫛の材料である象牙は、エジプトから輸入されたものである可能性が一番高い。つまりこうした外国製の贅沢品を買う余裕のある富裕層のための櫛だったことがうかがえる。

 この特別な櫛は、古代エルサレムの富裕層のシラミ対策のために作られたものだろう。

 カナン文字で書かれた呪いや呪文のその他の例は、紀元前1400年から紀元前1200年の間にさかのぼる少し新しい遺物からも見つかっている。

 シラミのことが櫛に書かれ始めたのは、ほかの遺物より数世紀前のことだ。

 この櫛の正確な放射性炭素年代測定は、最終的には失敗したが、以前に同じ場所で発見されたほかの遺物の例に基づくと、これは今からおよそ3700年前の青銅器時代に刻まれたものと推測された。

 古代の文字のスタイルから判断すると、アルファベット発展の非常に初期の段階で書かれたものと、専門家は考えている。

 人類が文字言語をもつようになってすぐ、自分たちが悩まされていることについて、あれこれ文句を書き記すようになったというわけだ。

 この研究は『Jerusalem Journal of Archaeology』に発表された。

References:This Ancient Inscription Is The Oldest Sentence in The World’s First Alphabet : ScienceAlert / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル