top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「スマッシングハーツ軽視禁物」

アサ芸プラス

 今年もあっという間に師走となり、関東は中山に舞台を移すが、今週のメインはその中山でも阪神でもなく、中京でのチャンピオンズカップだ。

 ダート界のいわば王者決定戦であり、パワーが売り物の砂巧者が一堂に集うだけに、とにかく多士済々で顔ぶれがいい。出走馬のほとんどが重賞勝ち馬か、僅差2着がある、それに準ずる馬。しかもノビシロ十分の3歳馬が3頭エントリーしており、どんな決着をみるのか、馬券的にも極めておもしろい一戦だ。

 今回で23回目と歴史の浅いGIだが、他のダート戦同様、5歳、6歳馬がよく連対している。ただ、高齢馬が多く出走してくるが、7歳以上で勝った馬はいない(2着2回)。

 ということで、過去のデータを見てみよう。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は6回(馬連は3回)。この間、1番人気馬は7勝(2着6回)、2番人気馬はわずか2勝(2着0回)で、1、2番人気馬のワンツー決着は、1回のみ。大きく荒れることは少ないが、順当に収まることもまた多くはない。

広告の後にも続きます

 年齢的には前述したように高齢馬は苦戦を強いられている。とはいえ、充実ぶりが目立つ5歳馬は、出走頭数が多いものの他の年代を圧倒しており、8勝(2着6回)。6歳馬の4勝(2着7回)も特筆していいだろう。

 それと3歳馬だ。第2回にクロフネが圧勝したのは周知だろうが、古馬に対して2キロ斤量が軽い(牡馬55キロ、牝馬53キロ)だけで、力のある馬は互角に渡り合っており、5勝(2着2回)をあげている。勢いに乗じた馬はキャリアで見劣っても、軽視はできないということがわかる。

 改めて顔ぶれを見てみる。怖い3歳馬は前走のJBCクラシックで2着したクラウンプライド、JDDを制したGI馬のノットゥルノ、そして重賞で好走続きのハピと、ここでもチャンスのある馬ばかり。対する4歳以上の古馬陣も、昨年の覇者テーオーケインズを筆頭に、前走重賞勝ちのサンライズホープ、ジュンライトボルトなど、錚々たる布陣。まさにどう転ぶか予断を許さない。

 悩むところだが、穴党として大きく期待を寄せたいのは、スマッシングハーツだ。前走の武蔵野Sでも重い印を打って注目していたが、比較的緩い前残りの流れの中、終始、最後方に近い位置での追走では苦しかった。しまい強烈な末脚を駆使したものの、4着までが精いっぱいという感じ。

 が、陣営としては手応えを感じ取ったようで、ここに向けての調整に抜かりはない。中間の稽古内容は軽快かつ伸びやかな動きで、まずは文句なし。1週前の追い切りも実によかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル