top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本名輪会・山口健治「江戸鷹の目診断」太田が平原に肉薄するシーンも十分

アサ芸プラス

「高松記念」◎平原康多/○太田竜馬/▲山田久徳/△山口拳矢

 番手の役目を果たしながら、最後にチョイ差しを決めるのが仕事師である。

 師走の記念初戦「高松記念」(12月3日【土】~6日【火】)は、各地区にスピード自慢の機動型と実績を誇る追い込み選手がそろい、ライン戦は必至。さらに一発にかけるまくり選手も侮れない。波乱の余地も十分ある4日間になりそうだ。

 平原康多が巧みにレースをコントロールし、今年5度目の記念Vを飾る。関東は吉澤純平─平原─宿口陽一と鉄壁の並びで、平原が直線抜け出しを決める。

 中四国で結束する地元ラインの番手、太田竜馬が19年以来の優勝を狙う。先頭で石原颯が風を切り、3番手を岩津裕介が固める。絶好の2段駆けから平原に肉薄するシーンも十分ある。

広告の後にも続きます

 あとは、前回覇者の山田久徳の連覇と、山口拳矢のまくり一撃とみた。

 近畿きっての仕事師、南修二がおとなしくしているはずがない。前々走の地元戦の初日特選で失格したのも、闘争心にスイッチが入ったから。ここは稲川翔と“大阪のファイター”の2枚看板。どちらが山田の後位になってもガッチリブロック。チャンスが回ってくれば、まくりが炸裂する。

 印は回らなかったが、競輪祭を欠場した宿口は来年1班に戻る。SS班のプレッシャーから解放されて伸び伸びと走れるだけに、京王閣記念Vの再現もある。

【大穴この1車】松谷秀幸(神奈川・96期)。

 今年は3度の落車があり、あまり調子がいいとは言えないが、それでも欠場明けの親王牌(〈6〉〈2〉〈4〉〈3〉)最終日に13万2330円を演出し、穴党を喜ばせた。記念は9月青森(〈2〉〈1〉〈6〉〈3〉)の2走目と最終日が1万円超。4月には地元の川崎記念(〈1〉〈1〉〈2〉〈8〉【1】【1】【2】●【8】(●は決勝レースの着順))の2日目に2万円超を出している。1着はいらない。レース巧者のマーク流れ込み2、3着を追いかけてみたい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル