top_line

【三河 vs SR渋谷】連敗脱出の三河と中地区首位のSR渋谷が対戦、ファウルをめぐる駆け引きに注目

バスケットボールキング

【三河 vs SR渋谷】連敗脱出の三河と中地区首位のSR渋谷が対戦、ファウルをめぐる駆け引きに注目

■シーホース三河 vs サンロッカーズ渋谷(@ウィングアリーナ刈谷)
GAME1:12月3日15時5分 GAME2:12月4日15時5分

 5連敗中だったシーホース三河が、前節は新潟アルビレックスBBを下して連敗ストップ。前半終了時点で4点のリードを許したが、第3クォーターに西田優大らが確率良くシュートを決めてリードを奪い、その後はセーフティーリードを保ったまま今シーズン初めて90点台に乗せた。

 角野亮伍が5試合ぶりに2ケタ得点をマークし、長野誠史は3試合連続の2ケタ得点に加えて今シーズン最多の10アシストでダブルダブルを記録。チーム全体でも26アシストと歯車がかみ合った。

 サンロッカーズ渋谷は三遠ネオフェニックスとの直接対決を制し、中地区首位に浮上。前半はリードされる時間帯が長かったが、ケビン・ジョーンズとライアン・ケリーの3ポイントシュートなどで接戦に持ちこみ、後半はベンドラメ礼生や津屋一球、盛實海翔の勝負強さが光った。ハードな日程の中、次節からの8試合中7試合がホーム。今節のアウェーで弾みをつけ、12月は首位固めといきたいところだ。

 1試合平均得点がリーグで唯一90点を超え、オフェンス面の数字が軒並み良いSR渋谷。しかし、フリースローはリーグ最多の試投数を誇る一方で成功率がリーグ20位と低迷している。その成功率でリーグトップなのが三河で、SR渋谷のファウルの多さに勝機を見出したいところ。加えて、ファウル数リーグ最少も三河。ディフェンスの強度をどうコントロールするか、両チームの駆け引きが興味深い。

広告の後にも続きます

 文=吉川哲彦

■ロスター
・三河(HC:鈴木貴美一)
中村太地
柏木真介
細谷将司
長野誠史
アンソニー・ローレンスⅡ
ブランドン・ジャワト
角野亮伍
西田優大
橋本晃佑
セドリック・シモンズ
シェーファーアヴィ幸樹
ダバンテ・ガードナー

・SR渋谷(HC:伊佐勉)
関野剛平
ケビン・ジョーンズ
ベンドラメ礼生
小島元基
西野曜
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
石井講祐
津屋一球
ライアン・ケリー
盛實海翔
田渡修人
井上宗一郎

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル