top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

草なぎ剛、大人用紙パンツを着用して会見参加 「ファンミーティングでもはいてみようかな」

エンタメOVO

 「アテント新商品発表会」が1日、東京都内で行われ、草なぎ剛が登場した。

 大王製紙は、ユーザーの声を聞きながらデザインした新パッケージと、ワコールとの共同開発カラーを採用した大人用紙パンツ「アテント 超うすパンツ 下着爽快」「アテント うす型パンツ 下着気分」を、10月21日から全国発売中。

 これに伴い、草なぎが、おしゃれな街で新パッケージをお披露目する新CM「ショーウィンドウ」篇を1日から放送するとともに、紙パンツを誰もが気軽にはける未来を応援するプロジェクト「#わたしもはいてみました」を始動する。

 会見の冒頭、草なぎは「どうも皆さん、12月1日、メリークリスマス! 先取りクリスマスということで。今日はお忙しい中たくさん集まっていただいてありがとうございます」とあいさつし、笑いを誘った。

 “応援団長”として、新パッケージの印象を聞かれた草なぎは「親しみやすいデザインで、抵抗感なく手にしてもらえるんじゃないかな」とコメント。

広告の後にも続きます

 今回は、パンツ自体のカラーデザインもリニューアル。「一つのファッションとして楽しんでもらえたら。僕がはくなら…オレンジとかが好きなので、思い切ってカラフルなのもいいですね」と語った。

 新CMでは“気軽に街に出掛けられる”メリットも訴求。草なぎは「やはりお手洗いが制限されると、行動範囲も狭まってしまう。そういうことを気にせず、外出できるのはストレス発散にも、気分転換にもなると思う」とアピールした。

 また、今回のプロジェクトについて、「少しでも心理的抵抗感が和らぐといいな。年齢や世代を超えて使っていただけたら。キャンプではお手洗いがない所もあったりするので、そういうときに身に着けていると安心できるんじゃないかな」などと、希望を口にした。

 さらに、草なぎは、実際に紙パンツを着用して会見に参加していることを告白。「本当にストレスなく自然な感じ。開発者の方の努力とか、技術がすごい。ファンミーティングとかでもはいてみようかな」と語り、軽快な動きを披露しながら、「こんなにお尻をまじまじと見られることもないのですが」と照れた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル