top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「他人の意見に流されてしまう」人が共通して持つ「記憶」とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

自分に自信が持てなくて毎日が充実しないあなたへ ※本記事は、森規巳子氏のエッセイ『オタ女のスピリチュアル講座』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】つい人の顔色をうかがってしまう…対人関係の悩みは「他人軸」が原因かも

他人軸な人の共通点は「否定の記憶」

他人軸な人は「自分に自信がないから、周りの反応が気になったり、人の意見に流されてしまう」と言います。その理由について聞き取り調査をしたところ、「過去に他者から否定された体験をしている」ことが分かりました。

具体的には、

・親に、兄弟姉妹やよその子や理想の子供像と比べられ、ジャッジや批判をされた

広告の後にも続きます

・親から厳しくしつけられた。無視や放任などの冷たい態度を取られた

・自分の意見を聞いてもらえず、親の思い通りにさせられた

・いじめや差別やモラハラなど、外部の人から傷つけられた

などは典型的な否定体験として挙げられました。

ここで重要なのが「否定の程度は関係ない」という点です。「痛み」の感じ方は人それぞれ違うので、一年間いじめられた子もたった一度親友から無視された子も、否定されたという点では同じと捉えます。

否定された体験は、「否定の記憶」としてデータ化されて、潜在意識(無意識)に刻まれます。このデータには、引き金になったエピソードと共に当時の心の痛みや感情も含まれています。これらは自然に癒されたり消えることはないため残り続け、のちの人生に影を落とすようになります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル