top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「東京ドキュメンタリー映画祭2022」を12月10日から開催 作り手の真摯(しんし)な姿勢が目立つ今年のプログラム

OVO

 「東京ドキュメンタリー映画祭2022」が12月10日(土)から23日(金)まで新宿K’s cinemaで開催されることになった。5回目となる今年も「長編」、「短編」、「人類学・民族映像」の各コンペティション部門の作品のほか、暗黒舞踏などの「特別上映」、さらに独自の文化が色濃く残るパプアニューギニア関連の作品が「特集」として上映される。

 現代社会ならではの生きづらさや先の大戦の傷あと、地域の暮らしや家族との葛藤などを粘り強く見つめた、作り手の真摯な姿勢が目立つ今年のプログラム。記録性や真実性をベースに、それぞれの“物語”へと飛躍するドキュメンタリー映像の魅力や奥深さを分かち合う貴重な2週間となる。

 料金は、税込み1,500円均一。ただし小・中・シニアは同1,000円。鑑賞3日前の午前0時から上映時間の30分前まで新宿K’s cinemaの公式サイトで購入が可能。各回入れ替え・全席指定席。1回券同1,300円と3回券同3,300円の特別鑑賞券は窓口で指定席券との引き換えとなる。 詳細は公式サイト で。

〇長編

 『ペーパー・シティ』(2021年/80分/エイドリアン・フランシス監督)は、1945年3月の東京大空襲の生存者たちの証言の記録映像にとどまらず、彼ら彼女らの思いが、2015年の安保法制への反対運動につながる様を描いている。下町の呉服屋の2代目が、空襲と家族の記憶を振り返る短編『遺言』(2022年/28分/清水亮司監督)が併映される。

 『標的』(2021年/99分/西嶋真司監督)は、圧力をかけられながらも、立ち上がる朝日新聞記者・植村隆と市民たちの姿を通し、日本の「負の歴史」の深淵に迫る力作。植村は1991年8月、元慰安婦だった女性の証言をスクープ。それから23年後、記事は植村の捏造だとするバッシングが右派の論客から始まる。その背景には慰安婦問題を歴史から消し去ろうとする国家の思惑があったことを描き出す。

広告の後にも続きます

 『そしてイスラの土となる~日系キューバ移民の記録』(2021年/80分/鈴木伊織監督)では、戦時中の強制収容やキューバ革命などを乗り越えた「最後の日系キューバ移民一世」といわれた島津三一郎や日系二世らが、異郷の島(イスラ)から故郷日本への思い出を語る。

 『アダミアニ 祈りの谷』(2021年/120分/竹岡寛俊監督)は、チェチェン紛争で「テロリストの巣窟」との汚名を着せられたジョージア東部・パンキン渓谷で暮らす、キストと呼ばれるイスラム教徒の人々を3年間にわたり記録した作品。

 『霧が晴れるとき』(2020年/80分/小川典監督)—―第二次大戦中、死者6,000人を超える激戦でありながら、戦後は忘れ去られたアリューシャン列島アッツ島・キスカ島の戦い。残骸の眠る現地訪問や、奇跡的な交流を通して見えてきた“終わらない物語”を、10年の歳月をかけて描いている。

 『オーディナリー・ライフ』(2021年/75分/魏鵬鶴=ギ・ホウカク=監督)では、視覚障害者の男性2人の音楽ユニット「ズーウェイとアジェ」の、それぞれのパートナーとの普通の生活を追っている。盲導犬アランにも注目。

 『マエルストロム』(2022年/79分/山岡瑞子監督)が描くのは、ニューヨークの美大を卒業したばかりの“私”が障害を負い、大混乱(マエルストロム)の日々の中で、それまでとは全く変わった日常を始める姿で、いわば魂のセルフ・ポートレート。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル