top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『シュルプ』キム・ヘスが我が子の死の真相を暴く カン・チャニを待ち受ける結末やいかに

Real Sound

『シュルプ』(tvN公式サイトより)

 王妃イム・ファリョン(キム・ヘス)はどんなに困難だろうと必ず子と向き合う母親だ。傘となる母親の存在が、子どもにとってどれだけの心強さになるだろうか。Netflixで配信中の『シュルプ』では、トラブルメーカーの三男ムアン大君(ユン・サンヒョン)がたくましい成長ぶりをみせる。

 参考:【写真】キム・ヘスと王子のユン・サンヒョンたち

 ある日突然、父親となったムアン大君。チョウォル(チョン・へウォン)は誰にも告げずムアン大君との子を産んでいたのだ。しかし、賎民の自分から生まれた我が子の人生を哀れみ、母親になることを諦めたチョウォルはファリョンに赤子を託す。どうしたら生まれたばかりの我が子を手放す決断ができようか。けれど、それは子を愛するがゆえの選択で、他に方法が分からなかったのだろう。

 大妃(キム・ヘスク)に生後間もない世子と引き離された経験のあるファリョンは、チョウォルがどれだけ辛いのかを知っている。そして、ムアン大君はファリョンが赤子をあやすのを見て、自分がどれだけ大切に育てられてきたのかに気づく。自分が親になって初めてわかる母親の偉大さ。身分の違う2人が家族になるのは容易ではない。それでもファリョンはいつも息子たちの幸せを優先し覚悟を共にしてきた。これまでファリョンに守られてきたムアン大君は、頼りないながらも今度は自分が大切な人を守る番だ。その姿に目を細めて大きく頷きながらあたたかく見守るファリョンが目に浮かぶ。子の成長は誇らしさで胸がいっぱいになるとともに安堵する瞬間でもある。

 世子夫婦が床入りをしなかった噂が宮中に広まり、大妃に責められても全く動じなかったのは世子嬪のユン・チョンハ(オ・イェジュ)だ。大妃は手懐けやすそうな駒を選んだつもりだが、どうやら一番手強い相手を引いてしまったようである。一方で、世子の誤解を解いたファリョンが、100%の成功率を誇る床入りのスペシャリストを用意。2人の可愛らしいやり取りに笑みがこぼれる視聴者も多かっただろう。どうか輝かしい未来を見せてほしいと願わずにはいられなかった。

広告の後にも続きます

 明と暗のストーリーが描かれる本作だが、今回は闇の部分に大きくフォーカスされる。それ、クォン医官(キム・ジェボム)の正体がテイン世子の弟でありユン廃妃(ソ・イスク)の子イ・イクヒョンと明かされたからだ。ファリョンがクォン医官を宮殿に戻したのは亡くなった長男(ぺ・イニョク)の死因を明かすため、クォン医官はテイン世子が殺害された証拠を掴むために、お互いを探りあう緊張が続く。

 その裏で、ウィソン君(カン・チャニ/SF9)は自分を世子にするという条件でクォン医官らの仲間に加わるが、王になると口にしていることから謀反を成し遂げた後にクォン医官らを消すつもりだろう。母親のファン淑媛(オク・ジャヨン)は、大妃にウィソン君が王イ・ホ(チェ・ウォニョン)との実子でないことが知られ、一歩も引き下がれない。この救いようのない親子に「子が道を踏み外したら正してやるのが親の務め」と口にしたのは、まさかのファン・ウォンヒョン領議政(キム・ウィソン)だった。ファン領議政をかばう余地はないが、娘のファン淑媛のために散々振り回されてきた親でもある。悲劇しか待ち受けてないであろう親子の結末が気になるところだ。

 愛する息子が殺されたファリョンは、クォン医官を決して許すことはできないだろう。しかし、全ての始まりは大妃であることも分かっている。何よりテイン世子の死因を明かせば、現王が謀反して王の座についたと認めることになってしまう。ただ隠蔽してきた王にはまだ秘密がありそうなのだ。当時、テイン世子が毒殺されたと判明しても先王が死因を血虚厥としたのも不可解である。テイン世子の死には大妃の他にも関与している者がいるのかもしれない。

 板挟みになっているファリョンだが、罪を隠すような人間ではない。その相手が夫であり王であってもだ。けれども、間違いを犯した人を突き放す人間でもないことを私たちは知っている。コ貴人(ウ・ジョンウォン)やテ昭容(キム・ガウン)にも過ちを認めて反省する機会を与えていたからだ。ファリョンは王を信じたい願いを込め、自分の罪に対してどう償うかを王自身に選択させるのではないだろうか。

 ユン廃妃の子を一人だけ残したのは、いつ殺されるかわからない恐怖を与えて、生き地獄を味わわせるため。大妃のおぞましさを再確認した言葉である。前世子がテイン世子と同じように殺されたのが“因果応報”ならば、次は大妃が息子を奪われるかもしれない。それも死ぬまで苦しまなければいけない方法で。次回予告では大妃が「全て終わりました」とファリョンに言い放つが、これが何の終わりを意味するのか心して見たい。(ヨシン)

TOPICS

ジャンル