top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【DDT】12・4後楽園EXTREME王座戦がTLCマッチに 秋山が公認凶器使用を予告

プロレス/格闘技DX

【DDT】12・4後楽園EXTREME王座戦がTLCマッチに 秋山が公認凶器使用を予告

 12・4後楽園大会で行われるDDT EXTREME選手権試合へ向けた会見が30日、東京・渋谷区のAbemaTowersで行われ、王者ジョーイ・ジャネラ、挑戦者・秋山準が出席。ルールがTLCマッチに決まり、30年のキャリアで初めての試合形式に臨むことになった秋山は公認凶器の使用を予告した。

 EXTREME王者・ジャネラは現在開催中の『D王 GRAND PRIX 2022』に出場。リーグ戦不参加だった秋山との対戦を執ようにアピールし、EXTREME王座をかけての一騎打ちが実現することになった。

 タイトルマッチが4日後に迫ったこの日、両者が出席しての会見が行われた。ジャネラは開口一番、「アキヤマさんにお会いできるのは光栄です。米国に行ってエディ・キングストンの夢を叶えてあげて帰ってきて、お忙しい中ありがとうございます」と敬意とともに感謝する一方で、「ただ、俺にとっての夢はアキヤマさんと試合することではなく、ベルトを守り、また日本に呼ばれるようにしたい」と高笑いを上げた。

 EXTREME王座戦は王者がルールを指定できる。そこでジャネラは「アキヤマさんがキャリアの中で、たぶん一度も経験のないルールを考えている。(秋山)初のTLCマッチだ!」と提案した。TLCマッチは公認凶器のテーブル、ラダー、チェアの使用が認められるハードコアな試合形式だ。

 ジャネラの説明を聞いてルールを把握した秋山は「米国に行ってて、そんなの聞いてないんだけど、どうしてもそれをやりたいの?」と確認。ジャネラが「どうしても、このルールでやらせていただきたい。アキヤマさんの慣れ親しんだ王道スタイルとそんなに変わらない」と返答すると、秋山は「メチャメチャ変わるでしょ。あくまでも俺のスタイルでやるから。彼がやりたいなら、やってやるよ」と承諾した。

 ルールが正式に決まったところで両者が調印書にサインを入れた。ジャネラは飯野“セクシー”雄貴ばりにペンをなめて署名。「調印書にサインしたからには、俺の世界にアキヤマさんが踏み込むことになる。GCWは米国でハードコアをメインストリームに、現代に呼び戻した団体であり、日本への進出も狙ってる。壮大なプランの中のゲームのコマになってもらう」と秋山を踏み台とする構えをみせたジャネラは、「最高の気分だ。日本は俺にとって来るのが一番楽しみな国。プロレスをしに来るのも一番好きな国。アキヤマさんの頭をテーブルに突っ込ませるのは快感」と舌なめずりした。

 ジャネラの態度に秋山は「リスペクトという言葉は何度か聞こえるけど、まったくリスペクトを感じない」と不快感を隠さず。「彼の一番得意とするTLCマッチでしっかり勝って、このベルトを獲り返してDDTに戻したい」とEXTREME王座奪還を誓った。

 今年デビュー30周年を迎えた秋山のキャリアにおいてTLCマッチは初めての体験となる。受けて立ったのは「それもプロレスのうちの一つ。DDTに来て必要なのであればやらないといけないでしょう。彼がチャンピオンで、それを望むなら、そこに踏み込まないといけない」との思いから。「公認凶器は使うか?」の問いに「使っていいなら使いますよ」と迷わず返答した秋山は「ジャネラのやってる試合を当日までに見て、頭に入れてやろうと思いますけど、ある物を使っていいなら、メチャクチャ使ってやろうと思います」と公認凶器を有効活用する構えをみせていた。


☆12/4(日)東京・後楽園ホール『D王 GRAND PRIX 2022 the FINAL』10:30開場、11:30開始

▼DDT EXTREME選手権試合〜TLCマッチ
[挑戦者]
秋山準
vs
ジョーイ・ジャネラ
[第55代王者]
※ジャネラ5度目の防衛戦
※場外カウント無し。3カウントフォール、ギブアップ、KOでのみ決着。公認凶器としてテーブル、ラダー、チェアの使用が可能

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル