top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【チャンピオンズC展望】前走で差しに回っていた馬は苦戦傾向

netkeiba.com

【チャンピオンズC展望】前走で差しに回っていた馬は苦戦傾向

 下半期のダート中距離の大一番はJBCクラシックからチャンピオンズC、東京大賞典という流れ。しかし、JBCクラシックの勝ち馬がチャンピオンズCを制した例は、中京で行われるようになったここ8年で一度もなく、前身のジャパンCダートの時代のヴァーミリアン(07年)まで遡る。

1.中央トライアル組は苦戦傾向

 中京開催になった近8回に関して、前走がみやこSだった馬は[0-2-3-25]で複勝率16.7%、前走が武蔵野Sだった馬は[0-2-0-21]で複勝率8.7%、前走がシリウスSだった馬は[0-0-0-5]と苦戦傾向。連勝の例は少ないものの、基本的には前走JBCクラシックやマイルCS南部杯組が中心。

2.より長い距離での実績はあるか

 アップダウンが激しいコースで道中緩みの少ないタフな展開になることから、スタミナが高いレベルで要求される。過去8回で3着以内に入った延べ24頭中、17年2着のテイエムジンソクと19・20年3着のインティ以外には、それ以前に2000m以上のダートオープンで3着以内に入った実績があった。

3.前走4角位置に注目

 過去8回に関して、前走4角7番手以下だった馬は[1-2-0-43]で複勝率6.5%しかない。差し追い込みもしばしば決まるレースではあるが、前走でも末脚にかける立ち回りをしてきた馬が台頭するケースはあまり多くない。

 クラウンプライドは海外遠征も経て着実に力を付けており、近2走の日本テレビ盃とJBCクラシックでは正攻法の立ち回りで2着に好走。タフな中京は合いそうで、ここも好勝負は必至と見る。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル