top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『silent』成功の秘訣は親世代? 篠原涼子、風間俊介ら純愛を見守る大人たち

Real Sound

『silent』©︎フジテレビ

 2022年のエポックとなった『silent』(フジテレビ系)。目黒蓮と川口春奈を中心に、鈴鹿央士、夏帆らが織りなす言葉と感情の繊細なやり取りが新鮮な驚きを与えている。価値観が多様化した2020年代にあって、純愛を描いた『silent』が快進撃を続ける裏には、若者たちの恋愛を見守る大人キャラの存在がある。

 参考:【写真】至近距離で見つめ合う想(目黒蓮)と紬(川口春奈)

 同世代の交流を描くことの多い恋愛群像劇で、世代の異なる登場人物は脇役あるいは添え物的な扱いをされるのが通例だ。これに対して、『silent』に登場する大人世代のキャストは、物語を担う不可欠なピースとしてさりげなく最大限の効果を発揮している。

 ドラマ序盤の湊斗(鈴鹿央士)が想(目黒蓮)と再会し、聴力を失ったことを知るシークエンスでは、元担任の古賀(山崎樹範)が重要な役割を果たす。サッカー部の元顧問で、古賀の経営するフットサルコートはOBのたまり場になっており、想や湊斗と連絡を取る古賀は、2人が再会して距離を縮める上でリンクとして機能する。第1話で、古賀は想の身に起こったことを知っているが、そのことを伏せて湊斗の話を聞く。教え子の人間関係に介入しない古賀は誰よりも想や紬のことを心配していて、連絡を絶っていた想がかつての仲間とボールを蹴る姿を目にした時は思わず号泣するほどだった。

 元教師の古賀は教え子を導く役割も担っている。第5話で、自分のせいで紬と湊斗が別れたのではないかと気に病む想に、古賀は、かつて想自身が紬を一方的に振ったことを指摘し、それにもかかわらず紬と湊斗の関係に口を差し挟むのは筋違いであることを端的に「ダサい」と伝える。子どものままでは駄目だと言ってくれる大人は貴重である。想が聴力を失ってからの8年間で紬や湊斗はそれぞれ別の人生を歩んでおり、古賀の言葉は止まっていた想の時計の針を動かす意味合いがあった。

広告の後にも続きます

 想の周辺で、母の律子(篠原涼子)ほど想を気にかける人間はいないだろう。想が湊斗や紬たち高校時代の友人とつながることを律子は心配し、過去の辛い出来事を忘れられるように願っている。律子の深い悲しみは、進学する息子を見送る第2話の回想シーンで克明に描写されているが、どうして自分の息子がという嘆きと、代われるものなら代わりたいという親ならではの感情が全身からあふれていた。近親者では妹の萌(桜田ひより)も想が置かれた立場の難しさや苦しみを身近で知っているが、萌が何かにつけて出すぎてしまいがちなのに対して、律子は想の思いを尊重し静観している。そんな態度が長女の華(石川恋)に「お母さんは想の本音が聞きたいのに、私たちばっかしゃべってごめんね」と揶揄される原因にもなっているのだが、想が絶望的な時間をやり過ごすことができたのは、律子の支えがあったためであることは間違いない。

 8年後の現在で紬と湊斗が出会うのが、手話教室の講師・春尾(風間俊介)だ。春尾は設定では32歳と紬たちと年齢が近く、物語の展開上そのことが意味を持ってくる。健常者でありながら手話をマスターした春尾は、音のない世界とこちら側を結ぶ境界線上に立っている。春尾が身をもって経験したであろう聴覚障害者と健常者のギャップは、聴覚障害を主題の一つとする本作で、紬や想にとって何が壁になり、何ゆえに苦悩するかという物語の外延を示している。第7話のラストで春尾が奈々(夏帆)と旧知の仲であることが判明したが、湊斗や紬の良き相談相手として、また、春尾自身、過去を背負う一人としてどのように『silent』の世界に関与していくか目が離せない。

 最後に紬の職場の先輩である穂田(内田慈)を挙げておこう。ブラック企業を辞めた紬が、湊斗の一言をきっかけに選んだ職場がレコード店で、そこで出会った穂田は日常的に紬と接し、仕事を通して紬のことをよく知っているはずだが、そのことが劇中で取り沙汰されることはない。近況を尋ねる何気ない会話の中で、紬と湊斗の関係や、スピッツの作品を通して紬の想に対する思いが明らかになるフックの役割を担っているのが穂田で、ゴミ出しをめぐる後輩スタッフ田畑(佐藤新)とのやり取りなどユーモラスなシーンを、あるべき場所に過不足なく収めている。言うまでもなく恋愛は日常の中にあり、こういうちょっとしたシーンを大切にするドラマは良い作品だと感じる。

 『silent』の語られざる世界を下支えする大人世代のキャストたち。悩める若者に寄り添い、押しつけがましくない距離から手を差し伸べる彼らが物語の補助線を引き、潤滑油となってストーリーを導く。主役に躍り出ない彼らに注目することで、より味わい深く本作を観ることができるだろう。(石河コウヘイ)

TOPICS

ランキング

ジャンル