top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これぞ究極のシアター・ミュージック!『ドリームガールズ』の作曲家が語る楽曲のルーツとは~「ザ・ブロードウェイ・ストーリー」番外編

SPICE

翻訳版『ドリームガールズ』制作発表より、中央がディーナを演じる望海風斗、後列左から福原みほ(エフィ/Wキャスト)、sara(ローレル)、村川絵梨(エフィ/Wキャスト) 撮影=吉原朱美


ザ・ブロードウェイ・ストーリー The Broadway Story [番外編]
これぞ究極のシアター・ミュージック!『ドリームガールズ』の作曲家が語る楽曲のルーツとは

文=中島薫(音楽評論家) text by Kaoru Nakajima

 2023年2月5日(日)に、東京国際フォーラム ホールCで初日の幕を開ける『ドリームガールズ』(公演情報参照)。1981年にブロードウェイで初演され、続演1,521回のロングランを記録した大ヒット・ミュージカルの、今回が翻訳上演初演となる。女性ヴォーカル・トリオの栄光と挫折の物語は、2006年公開の映画版や、2010年を皮切りに4回来日を果たした、アメリカからの再演ツアー公演でもおなじみだろう。ここでは、本作でトニー賞とグラミー賞ノミネートの作曲家ヘンリー・クリーガーへのインタビューを交え、楽曲の魅力に迫ってみたい。

映画版ブルーレイは、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりリリース



 

■ブラック・ミュージックにハマる

広告の後にも続きます

 『ドリームガールズ』(以下『DG』)の主役は、シカゴからやって来たガールズグループ、ディーナ、エフィ、ローレルの3人。辣腕マネージャー、カーティスのゴリ押しでデビューが決まるが、彼は歌唱力抜群のエフィをリード・ヴォーカルから外し、ディーナを抜擢する。エフィと恋仲だったカーティスは、今やディーナに御執心なのだった‥‥。このある意味ベタなメロドラマ風ストーリーを彩るのが、クリーガー作曲の音楽だ。

作曲家ヘンリー・クリーガー


 全編が歌のみで綴られているような印象さえ受ける、パワフルな楽曲こそ本作の要。作品の舞台となる、1960年代のアメリカを席捲したモータウン・サウンドを始め、リズム&ブルースやソウル音楽などブラック・ミュージックのエッセンスが横溢しているのだ。これは、クリーガー自身の生い立ちとも大いに関係があった。彼は振り返る。

「『DG』の舞台にもなる、NYのアポロ劇場(黒人エンタテインメントの殿堂)には、授業をサボっては入り浸ったなあ。ソウル&ブルース歌手の大御所エッタ・ジェイムズや、アレサ・フランクリンのステージを大いに楽しんだよ。彼女たちは、自分の感情を包み隠さず観客に吐露し、正面切って堂々と歌い上げる。曲を創る上でも、どれだけ影響を受けたか分からないね」

クリーガーが、「僕のナンバーワン・シンガー」と讃えるエッタ・ジェイムズ(1938~2012年)のアルバム「アット・ラスト!」(輸入盤CD)


 奇しくも、音楽業界の内幕を暴いた映画「キャデラック・レコード」(2008年)では、映画版『DG』でディーナを演じたビヨンセがジェイムズに扮し、フランクリンの伝記映画「リスペクト」(2021年)では、同映画版エフィ役のジェニファー・ハドソンが主演している。
 

■正統派ミュージカルの洗礼

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル