top_line

メキシコ、サウジアラビア撃破も8大会連続のグループステージ突破ならず 大混戦のグループCは得失点差でポーランドが2位通過

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループC】サウジアラビア1-2メキシコ(日本時間12月1日/ルサイル スタジアム)

 8大会連続17回目の出場で、8大会連続のグループステージ突破を目指すFIFAランク13位のメキシコが、初戦のアルゼンチン戦で歴史的勝利を挙げて勢いに乗るサウジアラビア(同51位)と対戦。2-1でサウジアラビアを下した。また、同時刻に行われたグループCのポーランドvsアルゼンチンは、アルゼンチンが2-0勝利して首位通過。一方で、ポーランドとメキシコによる2位争いは大混戦に。勝利したメキシコだったが、得失点差でグループステージでの敗退が決まった。

【映像】メキシコ、劇的勝利もグループステージ敗退

 前半はシュートを11本放ち、60%に迫るポゼッションで終始試合をコントロールしたメキシコが優勢。一方、シュート4本にとどまったサウジアラビアは堅守でメキシコの猛攻を跳ね返していく。

 しかし後半、早速試合が動く。47分、左CKを獲得したメキシコはニアに飛び込んだモンテスが右足で合わせて先制ゴールを挙げる。さらに52分、メキシコはゴール正面、およそ30メートルの位置でFKを獲得すると、チャベスが左足を豪快に振り抜いてゴールに突き刺す衝撃弾で2点目を獲得した。

広告の後にも続きます

 その後、試合は2-1でメキシコが逃げ切った。その結果、同時刻に開催されていた同グループのもう1試合でアルゼンチンがポーランドを2-0で下したが、ポーランドがメキシコを得失点差で上回った。勝利したメキシコのグループステージ敗退が決定した。(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル