top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前回優勝フランスを撃破したハズリの一発!奇跡のグループリーグ突破を信じたスタジアム総立ち「気持ちで決めた」

ABEMA TIMES

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア1-1フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

 1日、FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループDの第3戦、チュニジアvsフランスが行われ、スコアレスで迎えた58分、ワフビ・ハズリが中央突破から右隅に流し込んでチュニジアが先制。その後、フランスの猛攻を凌いでいたものの終了間際にネットを揺らされたが、VARの結果ノーゴールとなり、1-0で勝利。先に試合を終えていたオーストラリアvsデンマークの結果、チュニジアは惜しくもグループDで敗退となった。

【映像】フランスを撃破したチュニジア、ハズリの一撃!

 先制点が生まれたのは58分のことだった。中央でボール奪取したチュニジアは、10番を背負うワフビ・ハズリが中央を突破。相手に囲まれながらもドリブルを続け、左へ持ち替えながら左足でゴール右隅へと流し込んだ。

 攻め続けてようやく奪い切った先制弾には、選手はもちろん、スタジアムが歓喜の渦に。ABEMAの実況・山崎弘喜氏が「ものすごい盛り上がりです」と伝えたが、会場は俄然“チュニジアムード“になっていた。この試合で今大会初の先発出場で結果を残したハズリの先制弾に、視聴者は「2位あるぞ」「フランスやっつけろ」「気持ちで決めた」と大興奮だった。

広告の後にも続きます

 グループDで4位に沈んでいたチュニジアは、逆転でグループを突破するために勝利が絶対条件。その上で、同時時刻キックオフのオーストラリアvsデンマークの結果を踏まえることになるが、試合を通して果敢に攻め続けていた。そしてついにこじ開けた。後半早々までにフランスと互角以上の戦いを見せ、ポゼッション率はほぼ同じ、シュート本数はフランスの2本に対して5本と上回ってきたが、58分についにその牙城を崩し、グループ突破に望みをつなぐ先制弾を奪った。

 この試合、すでに突破を決めていたフランスは前節カタール戦から先発9人を入れ替える“ターンオーバー“を敷いてきたが、先生を許したことで、アドリアン・ラビオ、ウィリアム・サリバ、そしてキリアン・エムバペを投入。73分にはさらに、アントワーヌ・グリーズマンをピッチに入れるなど解説・中田浩二氏も「本気の交代」という布陣に切り替えてきた。

 場内は、2試合で3得点と活躍するエムバペがボールを持つたびに盛大なブーイングが響くなどチュニジアを後押しするムードになっていった中で、彼らは1点を死守して勝利。会場となったエデュケーションシティ スタジアムは、“赤い歓喜“に包まれていた。そして、試合終了間際にアントワーヌ・グリーズマンのゴールでフランスが同点に追いついて試合終了のホイッスル。

 しかし、直後にVARチェックが入り、ゴールシーンが取り消しに。試合後に判定が覆る異例の事態となったが、試合は再びキックオフした上で終了のホイッスルが吹かれ、チュニジアの1-0での勝利が決まった。オーストラリアvsデンマークで、オーストラリアが1-0で勝ったため、グループ敗退は決まったが、チュニジアにとっては歴史的な一戦となった。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル