top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本代表キャプテン・吉田麻也 「選手だけじゃなくて日本のみなさん一丸となって戦いたい」

ABEMA TIMES

 「FIFA ワールドカップ カタール 2022」グループE・第2節コスタリカ戦に敗れて1勝1敗。日本代表は次節スペイン戦で引き分けても条件次第ではグループリーグ敗退という厳しい状況に追い込まれた。歓喜のドイツ戦から一転、敗戦による批判の矢面に立つキャプテン吉田麻也は、「選手だけじゃなくてスタッフもファンも日本のみなさん一丸となって戦いたい」と訴える。目標であるワールドカップベスト8という“新しい景色”、そしてその先の日本サッカー界の未来を吉田はしっかりと見据えていた。

【映像】「日本のみなさん一丸となって戦いたい」と語るキャプテン吉田麻也

-日本のキャプテンとして、ここまでの2試合を振り返ると。

 すごく良いスタートを切れましたし士気も上がっている中で、勝ち点をこぼしてしまったという2試合目があって。ワールドカップは改めて非常に難しいなと思っています。緊張感もいつもとはまったく違うものですし、独特の雰囲気のなかでどう勝っていくかを毎日考えています。今は、みんなが日本のために戦うという強い思いで毎日練習に励んでいますね。楽なグループではないのはわかっていたので、簡単にいかないとは思ってますが、ここからスペイン戦に向けて良い準備をして、グループリーグ突破を決めたいなと思います。

-良い意味でも悪い意味でも日本代表に注目が集まっている。今の状況をどう思うか。

広告の後にも続きます

 ここ最近は地上波でサッカーをみることができなくて、サッカーを身近に感じる機会が少なかったと思う。だから、このワールドカップという大会を戦うことによって、色んな層のサッカーファンに楽しんでもらいたいし注目してもらいたいです。W杯は間違いなく未来の日本のサッカーの発展につながると思っているので、注目されることについては非常に嬉しいですし楽しいと思っています。

-次のスペイン戦は、日本サッカー界にとって大事な試合になる。

 予選突破できるかどうかということは、日本サッカーのためにものすごく大きなことだし、将来を左右することにもなりかねない。ただ、まだ何もなしとげていないし、2試合目に負けたからと言って何か失ったわけでもない。もともと3試合で突破を決めなければいけない状態だったので、やるべきことも気持ちの面も変わることはなく、プラン通りに引き続きやるだけかと思います。

-対スペインの勝機はどんなところだと思うか。

 いかにディフェンスをするかだと思います。ボールを保持されるのは間違いないので、その中で良い守備から良い攻撃に転じることができるか。あと、可能であれば後半スペースが開いてきたなかで 自分たちがボールを持つ時間を長くしなければいけないなと思っています。ドイツ戦は、後半に自分たちがボールを持つ時間を長くすることによってペースをつかむことができたし、得点のチャンスをうかがうこともできた。同時に、相手が前がかりになったところでカウンターを仕掛けることもできたので、そういうことを徹底してやっていかなくてはいけないなと思いました。

-ディフェンスが重要な試合ということは、守備にプレッシャーがのしかかってくることになる。プレッシャーは力になるか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル