top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「顔を喰われた」青年、鎌を振り回す巨躯の老人も登場 主演・柳楽優弥『ガンニバル』予告編&キャスト情報を解禁

SPICE

『ガンニバル』 (C)2022 Disney


Disney+(ディズニープラス)の「スター」にて12月28日(水)より独占配信されるオリジナルシリーズ『ガンニバル』から、本ビジュアルと新たな予告編、新キャスト情報が解禁された。

『ガンニバル』は、2018年に連載がスタートした、二宮正明氏によるサスペンスコミック。コミックスの累計発行部数が200万部を超える作品だ。ディズニープラス「スター」の日本発オリジナルシリーズとして実写ドラマ化される本作では、外界から閉ざされた供花村(くげむら)を舞台に、主人公の警察官が一見のどかで美しい村の隠された因習に狂わされてゆく姿を描く。

警察官の阿川大悟は、ある事件を起こし、都会から遠く離れた山間の集落・供花村に駐在として左遷された。犯罪とは無縁の穏やかな村で家族と静かに暮らしていた大悟だが、一人の老婆の奇妙な死をきっかけに、少しずつ村の異常性に気付いて行く。そして、「この村では人が喰われているらしい」という噂を耳にするのだった。

本作では、主演の柳楽優弥が警察官・阿川大悟を演じるほか、供花村を支配する後藤家の次期当主・後藤恵介役で笠松将、大悟の妻・阿川有希役で吉岡里帆、後藤家の元当主で恵介の祖母・後藤銀役で倍賞美津子が出演。映画『岬の兄妹』や『さがす』などの片山慎三氏が監督を務め、映画『ドライブ・マイ・カー』で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した大江崇允氏が脚本を手がける。

広告の後にも続きます

11月30日(水)には、ウォルト・ディズニー・カンパニーが劇場作品と動画配信作品をのラインナップを紹介するイベント『ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022』をシンガポール マリーナベイサンズにて開催。『ガンニバル』の新予告編は、同イベントで世界初解禁されたものだ。また、「顔を喰われた」と証言する青年・寺山京介役で高杉真宙が本作に出演していることも明らかになっている。

新予告編は、警察官の阿川大悟(柳楽優弥)が銃口を突きつけ発砲するシーンからスタート。左遷の原因となったこの事件を経て、大悟は妻の有希(吉岡里帆)、娘のましろ(志水心音)とともに、穏やかで美しい自然が広がる供花村(くげむら)で新生活をスタートさせる。穏やかな日々を過ごす大悟だったが、ある日村人が「後藤家には関わらないほうがいい」と忠告される。時を同じくして、大悟は、失踪した前任の駐在が残した「お前ら人間を喰ってる」という証言を耳にする。

その後は、村人たちから畏怖される“後藤家”の人々が白装束に身を包み、前当主・後藤銀(倍賞美津子)の葬儀を行う光景や、猟銃を突きつけて笑みを浮かべる後藤恵介(笠松将)など、不穏な映像が続く。そして、大悟は独自に捜査を進めるうちに、「村の誰かに顔を喰われた」と証言する寺山京介(高杉真宙)に辿り着くのだった。映像の最後は、巨躯の老人が鎌を振り回す様子や、襲われて引きずられる大悟の姿も収められている。

『ガンニバル』はディズニープラス「スター」で12月28日より独占配信。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル