top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ジャパニーズスタイル』舞台は1年後…檀れい“桃代”&要潤“影島”が険悪の仲に!?

TVerプラス


仲野太賀が主演を務める土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第6話が12月3日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみを舞台に放つ、限られた空間での30分間ノンストップの群像劇。斬新さとノスタルジーが共存した「虹の屋」の本格セットを舞台に、実際に観客を入れてその目の前でほぼ本番一発勝負の演技を続けていくという、他に類を見ないドラマ版ファーストテイクとも呼べる新感覚ドラマ。

これまで第5話まで放送され、SNS上でも「力のある役者が揃ってる」「俳優さんに感動してあっという間の30分!」「次の展開が楽しみ!!」など話題となっている。現在、TVerではダイジェスト動画も配信中。

人里離れた場所にある旅館「虹の屋」の跡継ぎを拒んで、家を飛び出し上京した柿丘哲郎(仲野)が、10年ぶりに帰ってくるところから物語はスタート。しかし、そこには流しのフラメンコダンサーの寺門・ルーシー・数子(市川実日子)、2時間刑事ドラママニアの支配人・影島駿作(要潤)、息子を溺愛するシングルマザーの仲居頭・浅月桃代(檀れい)、その息子・凛吾郎(石崎ひゅーい)、ナゾ多き料理長・浮野奏太(しずる・KAƵMA/KAZMA)、水質管理責任者として旅館にしがみつく古株・梅越一二四(柄本明)といった、一筋縄ではいかないクセ者たちが居座っていた。入院中の哲郎の父親である社長と、付きっきりで看病をする母親の女将から「敷居を跨がせるな」という伝言を預かった従業員たちと、哲郎との攻防戦が巻き起こるのだった。

その後、なんとか 「虹の屋」に滞在を続ける哲郎だが、その間も、所属していたバレー部のOB兼コーチであり警察官の笹原(松尾諭)や、同級生の中でも一番の出世頭で、現在は地元のテレビ局に勤務の小野(菅田将暉)、梅越がイチ推しするローカルアイドル・花岡花枝(佐々木春香)、元カノのルーシーこと久能イチ子(モトーラ世理奈)らが続々と現われ、「虹の屋」の従業員を巻き込んでドタバタの物語は加速していく。

『ジャパニーズスタイル』の楽しみの一つは、あっと驚くゲストの登場。第2話では、名バイプレイヤーとして多数の映画、ドラマで個性を発揮する松尾が出演。彼の実話をもとにした話題のエッセイ「拾われた男」がドラマ化された際に主人公を仲野が演じた縁もあり、冒頭すぐから2分半ほどの仲野とのやり取りは息もピッタリ!! この“W諭”の豪華演技合戦に注目が集まった。

そして第3話には、仲野とは公私ともに親交のある旧知の仲で、過去には、仲野が菅田の初監督作に出演したり、ラジオのゲストに呼ばれたりするなどした盟友・菅田が参戦。台本10ページ強、約5分間にも及ぶ仲野と菅田との2人芝居は見応え十分。また、仲野×石崎×菅田の魅惑の3ショット対談もTVerで配信中。仲良し3人組だからこそのホンネ満載で、ほぼ本番一発勝負を終えた直後の、彼らの素の表情は必見だ。

さらに第4話では、梅越の勤続40周年を祝うべく、「虹の屋」で梅越イチ推しのご当地アイドル・花岡花枝のライブを開催! 花枝に扮する佐々木は、柄本が主宰する「劇団東京乾電池」に所属の女優だけに、高飛車な態度の花枝と、彼女を孫と思い込みデレデレの梅越とのコミカルなやり取りは息ピッタリ!! 柄本のキレッキレの演技が笑いを誘う。

また、第5話では、ナレーションを担当するキムラ緑子がまさかの母親役で登場! 舞台で培ったさすがの演技力で大インパクトを残した。そして、“第2のルーシー”ことイチ子を演じたモトーラは、パリコレをはじめ多くのファッションショーでモデルとして躍動する強烈な存在感を披露。SNS上でも大きな話題となった。

現在、TVerでは、第1話・第4話・最新第5話の見逃し配信中! この機会を逃さずに、未見の方も、もう一度見たい人も、ぜひチェックしてみては? また、ゲスト・菅田出演の第3話を含めた全話は「TELASA(テラサ)」で一挙配信中。

12月3日放送の第6話では、物語も後半戦に突入! 哲郎が置かれる環境にも大きな変化が。また、ゲストに飄々とした捉えどころのないキャラクターで、多くの作品で確かなポジションを確立する森下能幸が登場。ミステリアスな記念すべき1万人目の客に扮して、「虹の屋」の面々を翻弄する。

<第6話あらすじ>
1年後、旅館の専務となった柿丘哲郎(仲野)。無事に退院した哲郎の父親である社長は、闇金業の澤田弥勒(松川尚瑠輝)とゴルフ三昧の日々を送っていた。そんな時、「虹の屋」の記念すべき1万人目の客を迎え入れるべく、浅月凛吾郎(石崎)、梅越一二四(柄本)らはリハーサルを行うが、寺門・ルーシー・数子(市川)と浮野奏太(KAƵMA)は、あいかわらずオセロに興じるのだった。

そして、「虹の屋」の乗っ取りを計画していた浅月桃代(檀)と影島駿作(要)は険悪の仲に。2人の間にいったい何があったのだろうか――?

やがて、1万人目の客・別所(森下)がやってくるが、なぜか無料宿泊券や凛吾郎との松茸狩りツアー、ルーシーが教えるセクシーピラティスなどの特典を迷惑だと拒否。またもや2時間ドラマの刑事のモードに入った影島は、別所を自殺志願者だと推理するが、桃代は逆に自殺者を保護する立場の刑事だと推測。

ここでも対立する2人をよそに、別所は自殺の名所であり、逃亡者の潜伏先としても知られる場所・地獄谷の行き方を哲郎に尋ねるのだった。ルーシーらに背中を押され、部屋に様子を見に行った哲郎は、衝撃の事実を知ることに。はたして、別所の正体は!? そして、桃代と影島の関係の行方は?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル