top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

え、不二家とのコラボだったの? コストコ「ゴディバのブラウニークッキー」の裏側

アサジョ

 コストコの冬といえばチョコレート! 今年もMathezのトリュフチョコレートが登場しました。250g入りの2袋が1缶に入っていて、2缶セットで購入時(11月中旬)は税抜1538円。嬉しくって迷わず2箱4缶分購入です。本当は10缶ぐらい買っておいて1年を通じて毎日食べたい、シンプルかつほろっと蕩ける絶品トリュフだったりします。

 しかし帰宅後にコストコからのDMを見たら、翌日から300円引きってお知らせで少し凹んだんですが。でも美味しいから許す。ちなみに原産国名はフランスでカロリーは100gあたり600kcal。チョコだからね。

 ちなみに買い物をしていた際、どこかのマダムが大声で「マゼスどこ~」って叫んでいたから、きっと毎冬の販売を楽しみにしている人は多いのかもしれません。フランスのトリュフチョコレートは、デパートや輸入食材店などで買ったらおそらく2~3倍の値段はするので、1kg税抜1538円でしかも美味しいとなると、マダムが大声出して見つけたくなるのもわかる気がします。

 そしてもう一つ購入したのが、ゴディバのブラウニークッキー。購入時(同)税抜1458円。箱には480g(個包装込み)目安枚数35枚、と書かれています。実は、2年前までコストコで売っていたツーバイトブラウニーというのがあって、これがまさに2口サイズの絶品ブラウニーだったんですが、昨年冬は販売されませんでした。今年の冬は復活してくれないかなぁと密かに願っていたんですが、今年もやはり見当たらず。悲しい。ということで、ゴディバだしきっと美味しい!と思って購入。

 開封してみると約4×4×1cmの四角いブラウニークッキーで、さすがゴディバ、チョコの香りがいい! ワクワクしながら早速口に入れると、これが、口の水分を一気に奪ってくるモソモソ感強すぎな口当たり! チョコの香りとか、しっかりとした甘みとかで美味しい。とっても美味しいけれど、これ、近くに飲み物を用意して食べないと、口腔内にブラウニーがねっとり張り付いてきます。持った感じが軽やかなのに、なんか流し込む水分を必要とするブラウニークッキーです。

広告の後にも続きます

 で、思わず箱の裏を見たら、販売者はゴディバジャパンなんですが、製造所は神奈川県にある不二家の秦野工場。え? 秦野で作っていたの? ってことは、ゴディバ発注不二家製造のブラウニークッキーってこと? 密かなコラボ商品? ベルギーから来たんじゃないのか~と思いつつ、不二家がゴディバの商品を作っていることを初めて知りました。

 個人的な感想としては、運動後とか、外出時とか、喉が渇いていたり水分が近くにないところで食べると、ずーっとチョコの美味しさを堪能できます。張り付く感じでね。ちょっとレンジとかで温めて、生クリーム添えるとか、リキュールをほんのちょっとだけ垂らすとか、ココアに浮かべるとか、何かプラスするのも良さそうです。このモソモソ感、どこか感慨深い美味しさですよ。

(ロドリゴいしざわ)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル