top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山本耕史、「鎌倉殿の13人」での“襟を直す”シーンに視聴者が驚愕する理由

アサジョ

 小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)の第45話が11月27日に放送され、三浦義村を演じる山本耕史のある演技に大きな反響が寄せられている。

 第45話「八幡宮の階段」では、雪が積もる運命の夜、右大臣に昇進した3代将軍・源実朝(柿澤勇人)が拝賀式を終え、鶴岡八幡宮の大階段を降り始めたところ、大銀杏の陰に隠れていた公暁(寛一郎)が斬りかかり、義時の代わりに太刀持ちを務める源仲章(生田斗真)と実朝が命を落とす鎌倉最大の悲劇が描かれた。しかし、視聴者が興奮したのはこの場面だけではなかった。

「義時は公暁の計画に加担した可能性のある三浦義村を問いただす。公暁が義時を狙っていたことについて、『知っていたのか? 私に死んでほしかったのではないか!』と迫るも『知っていたら、俺はその場であいつ(公暁)を殺していたよ』と否定。しかし去り際に襟を直す後ろ姿が描かれると視聴者は驚愕。SNSには『襟を直しやがったぞアイツ』『襟を正すなよ三浦義村』『襟を直した、悲しいね』といった悲鳴にも似た声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 というのも、三浦義村には言葉と思いが別の場合、襟を直す癖があり、第44話では公暁が源実朝を殺そうとしていることに気が付いた義時が相談を持ちかけた際も「若君が? 冗談じゃない」と言いながらも襟を直す場面が。義時は「あいつは、言葉と思いが逆の時に、必ずこうする」と息子・泰時(坂口健太郎)に告げるシーンがあった。

「三浦義村が襟を直すシーンは、それだけではありません。義時の最初の妻・八重が溺れ、探すように命じられた時も『助かる見込みは百に一つもない』『小四郎もほとほと運のないやつだ』と嘆き、襟を直しています。さらに比企能員を討ち取る際も『北条とは刎頸の交わり』と言って襟を直す。今回に始まったことではありません」(女性誌記者)

広告の後にも続きます

 残り3週となった「鎌倉殿の13人」。山本演じる三浦義村が、あと何回襟を直すのか、見ものだ。

(窪田史朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル