top_line

ティーダとユウナの淡い恋、皆の葛藤と成長の旅を見守って~『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』菊之助、獅童、松也らが意気込み語る会見レポート

SPICE

木下グループpresents『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』製作発表会見



ゲーム『ファイナルファンタジー』の1作目は、1987年12月に発売された。世界的な人気を誇る同シリーズの中でも評価の高い10作目『ファイナルファンタジー X(以下、FFX)』が、尾上菊之助により木下グループpresents『新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX』となる。公演は2023年3月4日(土)~4月12日(水)。会場は、豊洲のIHIステージアラウンド東京。

この度、会見が行われ、尾上菊之助中村獅童尾上松也坂東彦三郎中村梅枝中村米吉中村橋之助上村吉太朗、そしてスクエア・エニックス社の取締役である北瀬佳範氏が登壇。会場は、水のイメージに重なるアクアブルーの照明に彩られていた。

■名作ゲームが歌舞伎役者

菊之助は、今の歌舞伎界の第一線をいく俳優のひとり。立役と女方で古典歌舞伎の大役を着実につとめる一方、蜷川幸雄演出『NINAGAWA十二夜』、インド叙事詩を原作とした『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』、スタジオジブリの人気作を原作とした『風の谷のナウシカ』などの、新作歌舞伎に挑んできた。ゲームを題材とした歌舞伎は、今回がはじめてとなる。製作は、2020年3月にはじまった。

広告の後にも続きます

ティーダ役 尾上菊之助


「緊急事態宣言により、当たり前のように毎月あった歌舞伎の公演がなくなりました。先行きが見えない中、何とかしたいという気持ちを掬い上げてくださったのが、20年前に発売された『FFX』でした。登場人物たちは、はじめ心はバラバラです。しかし物語が進むうちに心を通わせ、それぞれの葛藤をこえ成長し、ひとりがみんなのために。皆がひとりのために。互いを思いやり、この世界の強大な敵である“シン”に、諦めることなく向きあいます。その姿勢は、コロナ禍の今、戦争がなくならない今の世の中に強いメッセージを届けられると考えています」

菊之助が演じるのは、主人公のティーダ。ブリッツボールの人気選手だが、父ジェクトもまた伝説的選手だった。

ティーダが迷い込んだ世界“スピラ”は、“シン”と呼ばれる脅威にさらされていた。


同作の歌舞伎化を思いついた菊之助は、スクエア・エニックス社に、企画書とビデオレターを自作しておくったという。その時のことを北瀬氏は、「驚きましたし、歌舞伎俳優の方がゲームをプレイする姿も想像ができなかった」と振り返る。

「ただ驚いただけでなく、ビデオレターや企画書から、菊之助さんがしっかりとゲームをプレイし、テーマやストーリー、キャラクターを理解してくださった上でお話をいただいたものだと分かりました。ファイナルファンタジーを第三者に預け、ふたたび蘇らせてもらうのに不安はないと感じました。最初は驚きましたが野心的で面白そうな企画だと思い、即決しました」

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル