top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

希少なアリバカカオを使用。華やかな香りのチョコレートケーキ。/【連載】達人おすすめのお取り寄せ

おいしいマルシェ

その日、私は朝からソワソワしていました。なぜならはじめてお取り寄せをしたケーキが到着する予定だから。

ケーキの名前は「tomochococlassic」。

日本を拠点にフランスをはじめ、ギリシャ、アメリカなどで活躍されている、フードアーティスト菅野智子シェフが手掛けるチョコレートケーキです。

いま注目されている「アリバカカオ」を使用しているケーキだよと、食べることが大好きな弟から教えてもらいました。

アリバカカオとは、カカオ発祥の地として知られるエクアドルで育てられ、カカオ総生産量のうちわずか2%しかないという、世界的にとても貴重なもの。爽やかなフルーツのような香りと、ほどよい酸味とコクが特徴です。

広告の後にも続きます

届いたチョコレートケーキはすぐに食べたい気持ちをぐっと抑え、切り分けしやすいように、まずはしっかりと冷蔵庫で冷やしました。

想像していたよりも、ずっしりと重量感のあるケーキです。それを慎重に薄く切って五分ほどおき、常温になった頃合いを見て、まずはひと口。

口に運んだ瞬間に広がるベリーのような華やかな香り。爽やかな酸味とクドさのない濃厚な風味が優しく口の中から消えると、さわやかな余韻が続きます。それゆえ、食べた後の満足度が高いんです。

ケーキは二層になっていて、上の段は58%のビターチョコレートを使ったクリーミーで深いコクのあるガナッシュ生地、下の段は70%のハイカカオチョコレートを使ったビターな焼きチョコで構成されています。

チョコレートの濃度や風味の違いを楽しめるようにという、菅野シェフのセンスが光る逸品です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル