top_line

山田裕貴と松本まりかが見つめ合う姿 大人の色気あふれる「夜、鳥たちが啼く」特別予告

映画スクエア

 12月9日より劇場公開される、「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」などで知られる作家・佐藤泰志による同名短編小説の映画化作「夜、鳥たちが啼く」から、一方は母屋で、一方は離れのプレハブで暮らすという、いびつな半同居生活を続ける中で、次第に惹かれ合っていく慎一(山田裕貴)と裕子(松本まりか)の二人を追った、WEB限定の特別予告映像が公開された。

 映像冒頭で、「新しい彼女とか作んないの?」と問いかけた裕子に対し、「どうでもいい」とぶっきらぼうに答える慎一。慎一の投げやりな言葉とは裏腹に、優しく裕子を包み込み、二人で見つめ合う濃厚な時間が映し出される。あいまいな距離感を保つことを望みながら、自然に互いを求め合うようになっていく姿を描き出した、大人の色気にあふれる映像となっている。

 ほかにも映像では、プレハブで笑い合いながら飲み明かす二人の姿、濃厚な一夜が明けたあとのたわいもない会話を交わす瞬間、裕子の一人息子であるアキラも交えた本物の家族ような海水浴など、慎一と裕子のさまざまな表情が切り取られている。「俺は、ちゃんとしてないから」「ずるいよね、もう男に振り回されたくないって思ってたのに」と意味深なセリフも聞かれ、互いに寄り添いながらもどこか距離のある複雑な心情が描かれている。

 「夜、鳥たちが啼く」は、人生を諦めかけた小説家と、愛をあきらめかけたシングルマザーの奇妙な共同生活を描いた作品。互いの渇きを潤すように強く求めあい、次第に傷ついた心はゆっくりと癒えていく2人。他者との深い関わりを避けて生きようとしながら、一方で一人では生きていけない。そんな人生を灯す一筋の光を見つけようともがく、生身の人間の姿を描く。小説家の主人公・慎一を山田裕貴、離婚を機に息子とともに慎一のもとに身を寄せる裕子を松本まりかが務める。脚本を高田亮が務め、高田の助監督時代からの盟友である城定秀夫がメガホンを取る。

【作品情報】
夜、鳥たちが啼く
2022年12月9日(金)新宿ピカデリー他にて公開
配給:クロックワークス
© 2022 クロックワークス

TOPICS

 
   

ランキング(映画)

ジャンル