top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【船橋・クイーン賞注目馬】有馬記念馬の妹ホウオウピースフルや女王ショウナンナデシコら出走 牝馬限定のハンデ重賞

netkeiba.com

【船橋・クイーン賞注目馬】有馬記念馬の妹ホウオウピースフルや女王ショウナンナデシコら出走 牝馬限定のハンデ重賞

 11月30日(水)に船橋競馬場で行われるクイーン賞(3歳上・JpnIII・ダ1800m)。2012年には単勝304.2倍のアドマイヤインディが3着に好走、昨年は単勝20.0倍のダイアナブライトが勝利するなど、牝馬のダートグレードでは唯一のハンデ戦とあって、波乱決着となることも多々ある。

 今年はJBCレディスクラシックの2、3着馬が中心になりそうだ。女王ショウナンナデシコの巻き返しなるか、それとも4走連続で連対中のグランブリッジが勢いそのまま重賞3勝目を飾るか。発走予定日時は30日(水)の20時05分。主な出走馬は以下の通り。

■ショウナンナデシコ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)

 OP入り以降は9戦して3着内を外しておらず、今年2月のエンプレス杯を皮切りに重賞4連勝。4月のマリーンCでは8馬身差の圧勝を飾り、5月のかしわ記念では牡馬相手にも勝利している。今秋はレディスプレリュード、JBCレディスクラシックでともに3着と悔しい結果が続いているが、牡馬相手にJpnIを制した実績は断然で、重賞2勝と好相性を誇る船橋コースで巻き返しに期待したい。

■ホウオウピースフル(牝5、美浦・大竹正博厩舎)

 2015年の有馬記念を制したブラストワンピースを兄に持つ良血馬が今回初ダートを迎える。2019年8月のデビューから2連勝を飾り、翌年4月のフローラSで2着好走にすると、同年にはオークス、秋華賞にも出走。その後は勝ち星から遠ざかっていたが、今年7月の巴賞で約3年ぶりの勝利。牝馬ながら500kgを超える雄大な馬格を武器に、ダートで重賞初制覇を決めるか。

■グランブリッジ(牝3、栗東・新谷功一厩舎)

 今年6月の関東オークスで南関東の牝馬2冠馬スピーディキックや、オークスにも出走したラブパイローらを破り重賞初制覇を飾ると、古馬との初対決となったブリーダーズGCも勝利。前走のJBCレディスクラシックでは、大外から鋭い末脚で勝ち馬に迫りタイム差無しの2着に好走した。前走時2kgだったショウナンナデシコとの斤量差が3.5kgに開いた点も有利に働くか。

■リネンファッション(牝5、浦和・川村守男厩舎)

 昨年7月のスパーキングレディーCから連続して好走し、同年のJBCレディスクラシックでも3着に入った。今年5月の栗東Sを最後に浦和競馬へ移籍し、南関東の重賞やOPで出走を続けている。前走の生田OPでは久々にハナを切ると、牡馬相手に4着と健闘。好調時に見せていた先行力も戻ってきており、53kgの軽ハンデを活かして好走に期待したい。今日限りで現役を退く酒井忍騎手の手綱捌きにも注目だ。

 また、レディスプレリュードで2着に好走したテリオスベル(牝5、美浦・田島俊明厩舎)、トライアルを勝って臨むロカマドール(牝6、川崎・山崎尋美厩舎)、一昨年の3着馬サルサレイア(牝6、大井・堀千亜樹厩舎)なども出走予定。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル