top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

男子高校生とイケメン人魚のコメディドラマ『オレん家のフロ事情』独占見放題配信

TVerプラス


台湾発のドラマ『オレん家のフロ事情~人魚と過ごした49日』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、12月1日(木)より独占見放題配信が開始される。

同ドラマは、いときちによる日本のマンガ「オレん家のフロ事情」を原作として2022年2月に台湾でドラマ化。台湾では、1か月の視聴数が200万を越え、動画配信サービスLIVETVでは、デイリーのランキング1位を獲得した。原作マンガは2014年に日本でアニメ化もされるなど人気作品で、主人公の男子高校生とイケメン人魚のコミカルな掛け合いが話題となった。

気弱な男子高校生・趙龍傑(ジャオ・ロンジエ)役には、2017年韓国の「富川国際ファンタジー映画祭」の国際コンペティション部門に選ばれた映画『怪怪怪怪物!』に出演するケント・ツァイが、オレ様人魚・李仁宇(リー・レンユー)役は、2022年台湾の国会を舞台にゾンビパニックを描いたホラーコメディ『ゾンビ・プレジデント』に出演するハー・ハオチェンが演じる。

普段から仲が良いと公言しているケントとハオチェンの軽快な掛け合いが笑いを誘い、仲が良い2人ならではのアドリブ満載な演技に引き込まれ、キャラクターに愛着を覚えること間違いなし。さらに、2か月の月日と総額100万ニュー台湾ドル(約410万円)を掛けて制作された、人魚の尾と足ヒレの美しさも必見となっている。

<あらすじ>
趙龍傑(ジャオ・ロンジエ)は、17歳の高校生。幼い頃両親と死別し、じいちゃんに育てられる。学校では友達と青春を楽しむつもりだったが、なぜか影が薄く、同級生から便利使いされる存在に。親友の許聡健(シュー・ツォンジエン)と夜通しゲームに興じてそのまま学校に行った日、倒れたじいちゃんと、永遠の別れを迎える事になる。

ひとり、海で散骨していると、突風が吹き、目の前に見知らぬ男・李仁宇(リー・レンユー)が裸のまま立っていた。龍傑の家まで押しかけた彼が、風呂に入ると、足が美しい青い尾ひれに変化した。裸の男の正体は海を家とする人魚だったのだ。海の中で龍傑の顔を見た途端、陸に上がらされ、それから海に戻れなくなったという。なぜ海では変化しない足が風呂だと尾ひれに戻るのか、なぜ李仁宇は趙龍傑の元に来なければならなかったのか、どうすれば仁宇は海に戻れるのか、2人はその理由を探ることに……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル