top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

作者・北村想も声で出演~ 43年に渡って愛され続ける名作『寿歌』が、史上初の《人形劇》となって名古屋で上演

SPICE

『人形劇 寿歌』稽古風景より。人形左から・ゲサク、キョウコ、ヤスオ



核戦争の終わった、関西のある地方都市。荒野でリヤカーを引く旅芸人のゲサクとキョウコ、その途上で出会う謎の男ヤスオの3人による掛け合い漫才のような奇妙な旅を描いた『寿歌(ほぎうた)』は、今から43年前──1979年に、名古屋在住の劇作家 北村想によってこの世に生み出された。

当時、北村が率いていた劇団〈T・P・O師★団〉の女優たちの稽古用台本として書かれ、4組のキャストによって演じられたこの戯曲は、名古屋で初演されると瞬く間に評判を呼び、翌’80年には東京で上演。’81年には第25回岸田國士戯曲賞の候補作となる。その後も北村自身の演出で何度も再演が重ねられた他、2012年には堤真一、戸田恵梨香、橋本じゅんの出演、千葉哲也の演出でシス・カンパニー公演として上演されるなど、全国各地のさまざまな劇団やプロジェクトによって幾度となく上演され続け、愛され続けてきた名作だ。

劇中でゲサクが語る、「どこへ行ってもどこでもないし、あっちはどっちや」という印象的なセリフに代表される、あっけらかんとした明るさで描かれた絶望や圧巻のラストシーンは、いつの時代も私たち観客の心を大きく揺さぶり続ける。そんな名作『寿歌』が、43年の歴史上初の試みである『人形劇 寿歌』として、2022年11月30日(水)~12月4日(日)の5日間に渡り、名古屋・丸の内の「損保ジャパン人形劇場 ひまわりホール」で上演される。

『人形劇 寿歌』チラシ表  原画:ヨコヤマ茂未


広告の後にも続きます

本公演は、1989年の創立以来、“新しい人形劇の可能性を追求する事業”を目的としてさまざまな企画制作を展開してきた「愛知人形劇センター」がプロデュースするもの。作者であり監修を務める北村想が自ら声の出演を提案したことから、北村と荘加真美(劇団ジャブジャブサーキット)、山内庸平が声の出演を担い、人形操演は、桑原博之ゆみだてさとこ(共にPuppet Theater ゆめみトランク)、LONTOChang(共にラストラーダカンパニー)が担当することに。また演出には、演出家・劇作家のニノキノコスター(オレンヂスタ)を起用。ニノキノコスターは、同センター主催の「劇作家とつくる短編人形劇」で上演した『MANGAMAN』が「P新人賞2017」の新人賞と観客賞をW受賞している他、イヨネスコ作『犀』を世界初人形劇化するなど、人形劇や人形と演劇の融合にも積極的に取り組み続けている演出家だ。

こうして、演者・演出家は若手から中堅も起用する一方、スタッフは『寿歌』という作品をよく知る初演当時の顔ぶれを結集するなど、独自性ある座組によって開催される『人形劇 寿歌』。本公演を企画した「愛知人形劇センター」のプロデューサー・中康彦と演出を手掛けるニノキノコスター、作者で今回ゲサクの声も演じる北村想、さらに本作で初めて人形美術を担当した美術家のヨコヤマ茂未に、それぞれの立場から作品に対する想いや取り組みについて語ってもらった。

前列左から・人形操演のゆみだてさとこ、声の出演の荘加真美、脚本・監修・声の出演の北村想、人形操演の桑原博之、LONTO、Chang 後列左から・声の出演の山内庸平、 人形美術・チラシ原画のヨコヤマ茂未、演出のニノキノコスター、舞台美術・大道具の松本ひろし、プロデューサー補の加藤智宏 後列左から・音楽・音響のノノヤママナコ、衣装の大池かおり、照明の石原福雄、プロデューサーの中康彦、プロデューサー補の佐和ぐりこ



■「『寿歌』という作品は、最終的に人形劇になるために生まれてきたのかな、という気がします」(中康彦)

── 中さんは、いつ頃からこの『寿歌』を人形劇に、と考えていらっしゃったのでしょうか。

 それはもう、かなり前から温めていました。なんとか上演したいと思って、安住恭子さん(「青空と迷宮ー戯曲の中の北村想」を上梓するなど北村作品への造詣が深い演劇評論家)と6~7年前から話をしていたんです。でも当時は資金もなかったので、どこかでやれる方法はないかと探りながらも、コロナが流行しだしたりいろいろあって結局伸び伸びになっていたんですが、こういう時代だし、何かやれないかと考え始めて。その時に、せっかくだったら名古屋の演劇人で、人形劇と演劇界で盛り立ててやった方がいいんじゃないかな、という話をして、ノノヤママナコさん(※1)と具体的に話をし始めたんです。

それで補助金を申請して、総予算の半分ぐらいは支給されたのでやろう!と。ポイントにしたのは、名古屋発の作品で、戦後の小劇場演劇にとって記念碑的な作品でもあるし、歴史的にも優れた作品で演劇愛好家にはよく知られているけど、若い世代には知らない人もいる。そういう意味では、今この作品を上演するのは面白いんじゃないか、と思ったんです。しかも、1回も人形劇にはなったことがないので、ここはなんとか上演しようと。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル