top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

目黒蓮“想”、自分と一緒にいるのが大変ではと川口春奈“紬”を気遣う<silent>

WEBザテレビジョン

目黒蓮“想”、自分と一緒にいるのが大変ではと川口春奈“紬”を気遣う<silent>

川口春奈が主演、目黒蓮(Snow Man)が出演する木曜劇場「silent」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※第8話は夜10:00-11:09)第8話が、12月1日(木)に放送される。

完全オリジナルとなる同ドラマは、川口演じる主人公・青羽紬が本気で愛するも別れることになってしまった目黒演じる高校時代の恋人・佐倉想と8年の時を経て偶然に再会。そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えていこうとする姿を描く。

大切な人との別れを乗り越え、今を生きようとしている女性と、障がいを患ってしまったことで自分と向き合えず別れを選んでしまった青年。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く人々が織り成す、切なくも温かいラブストーリーだ。

紬の中学時代からの同級生で、現在紬が交際している戸川湊斗を鈴鹿央士が演じる他、想の母親・佐倉律子役を篠原涼子、妹の萌役を桜田ひより、想の姉で現在は結婚して実家を離れている井草華役を石川恋、紬の6歳下の弟・光役を板垣李光人が務める。

また、夏帆が大学時代の想を支えた、生まれつき耳が聞こえない桃野奈々役で、風間俊介が紬が手話を学ぶために通い始めた手話教室の講師・春尾正輝役で、佐藤新(IMPACTors)が紬の同僚・田畑利空役で出演する。

■第8話のあらすじ

想(目黒蓮)は、声が出せないわけではないが自分で感じとれないことへの怖さがあることを話し、紬(川口春奈)はそれを受け入れる。しかし、そんな二人の距離が縮まるほどに、想は自分と一緒にいるのが大変なのではないかと紬を気遣うようになり、紬は否定するものの、なかなか思いは伝わらない。

一方で、奈々(夏帆)は春尾(風間俊介)との再会を果たすことに。「紬と想を見ていたら春尾くんのことを思い出して」と春尾に話す奈々。そんな中、紬は実家の群馬に帰り、母である和泉(森口瑤子)に想のことを話そうとする。

――という物語が描かれる。

■想が紬に伝える「聞かせたいことあるから」

同ドラマの公式ホームページ、公式Twitter、公式Instagramで公開されている予告映像では、萌が「お母さん」「そろそろ」「顔見たいって」と想に伝えると、想が「心配されるのが嫌だから」と答えるシーンや、想に「もう少しだけ待ってて」「聞かせたいことあるから」と言われた紬が驚いた表情をする姿などが映し出されている。

これらの印象的なシーンに「予告を楽しみにしてました、もう泣けます」「紬と想が幸せになれますように」「想の聞かせたいことってなんだろう…」「8話が待ち遠しいです」などの声が上がり、注目が集まっている。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル