top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジャニーズWEST 濵田崇裕&神山智洋、抜群の歌唱力と“阿呆”さがギャップに 『鬼レンチャン』で残した大きな爪痕

Real Sound

ジャニーズWEST

 『千鳥の鬼レンチャン』(フジテレビ系)での活躍を筆頭に、“歌うま”ジャニーズとして注目を集めている濵田崇裕(ジャニーズWEST)。同番組の11月20日放送回では、同じグループより神山智洋が参戦したことが話題に。持ち前の歌唱力に加え、それぞれの個性を生かした活躍が期待される2人の魅力に注目してみたい。

(関連:ジャニーズWEST 神山智洋、フェス出演で堂々示した“アイドル”としての誇り 誰も取りこぼさないグループのパフォーマンス力

■濵田崇裕、バラエティのツボを押さえた活躍ぶり

 『千鳥の鬼レンチャン』は、千鳥がMCを務めるバラエティ番組。メインコーナーである「サビだけカラオケ」は、ゲストが名曲のサビをカラオケで歌い、一音も外さず10曲連続で成功を目指す。芸能界の中でも歌唱力に自信のあるメンバーが挑戦者として登場し、パーフェクトで歌いきる“鬼レンチャン”に挑む様子を、千鳥と対決パネラーのかまいたちがモニターで見ながら結果を予想。挑戦者に対し投げかけられる千鳥とかまいたちの鋭いツッコミも、視聴者から好評だ。現在までの成功者は、May J.、荒牧陽子、島谷ひとみなど現役アーティストを中心とした錚々たる顔ぶれだ。

 同コーナーに、ジャニーズとして初出演したのが河合郁人(A.B.C-Z)。初回出演時から千鳥のノブに「歌ってるのを見たことがない」と言われたり、失格になり真っ赤な照明に照らされた瞬間の映像が番組内で何度も使われたりするなど、共演者やスタッフからも愛されていることが伝わってくる。そんな河合に続く形で参加となった濵田は、以前河合とともにカラオケ企画『スカッとカラオケ特別編!誰もが歌える日本の名曲SP』(フジテレビ系)に出演し、Official髭男dismの「Pretender」などを披露。その歌唱力の高さに、SNSでも盛り上がりを見せた。そんな申し分ない実力の持ち主である濵田が満を持して“鬼レンチャン”を目指した結果が、大きな話題を呼ぶことになった。

広告の後にも続きます

 初登場で「ジャニーズWESTの中で歌唱力No.1との呼び声が高い」と紹介された濵田が挑んだのは、大先輩であるSMAPの名曲「青いイナズマ」。しかし、歌詞を間違えて失敗するという“阿呆”ミスで、0レンチャンという結果に。バラエティ的に“つかみはOK”過ぎる結果となった。リベンジとして再登場した5月22日放送回では、1曲目で再び「青いイナズマ」に挑戦し見事クリア。しかし、2曲目のV6「愛なんだ」で「今何レンチャンしました?」と言う濵田に、千鳥の大悟から「それも分からん。数字もか」と鋭いツッコミが入り、笑いに包まれるシーンも。また久保田利伸「Missing」に挑んだ際に「俺はロボット~!」と叫ぶ姿に、大悟が「ほんまに阿呆」と再びツッコみ、スタジオは大盛り上がりを見せた。いよいよ10曲目、“鬼レンチャン”達成か、と思われたゴスペラーズ「ひとり」に挑戦した濵田に、笑いの神が舞い降りた。冒頭であっさり音を外してしまい、チャレンジ失敗となってしまったのである。そんな濵田に「むちゃくちゃ阿呆や」とノブも大爆笑。続けて「阿呆、阿呆って言ってたからむっちゃカッコよく見えたな」というノブに、大悟も「阿呆は阿呆やから。阿呆で歌が上手かった」とコメントし、番組的に大賞賛となった。

■音楽への熱い思いが“フリ”となった神山智洋

 そして濵田に続いてジャニーズWESTから参戦したのが、神山だ。「濵田も上手いが自分も負けていない」と意気込む神山だったが、彼のビジュアルやファッションを含め「隠れ阿呆の可能性も。歌舞伎町朝ホスト」と、かまいたち 濱家隆一がコメント。神山の「(1曲目が)無理だったらジャニーズ辞める」発言に、大悟から「コイツ熱阿呆やな」と“阿呆”認定されると、SNSは「#朝ホスト」「#熱語り阿呆」などのハッシュタグとともにファンの喜びのコメントが溢れた。7レンチャンをクリアし、音楽への思いを熱く語った後に挑んだ優里「ドライフラワー」の冒頭で音を外してしまうと、「語るからやで!」「なんでジャニーズ、オモロいことする?」とスタジオは大爆笑。大悟は「(次は)名言がどれくらい出るか」と期待を込めてコメントしており、今後神山も再登場を果たすのかに注目だ。

 11月23日に発売となった映像作品『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2022 Mixed Juice』は、濵田の熱いシャウトからスタート。第一声で会場を埋め尽くすファンのテンションを一気に頂点に押し上げることができるのは、ひとえに濵田の歌唱力の高さに他ならない。さらに重岡大毅、桐山照史とのユニット曲「情熱」ではブルースハープに挑戦しながら、美しい歌声も披露している。また、本ツアーでファンからの評価も高かったセクシーなダンスチューン「セラヴィ」は神山による振り付けであるほか、「PARTY MANIACS」で神山の煽りにより一瞬にして会場が一体となるグルーヴ感も見所だ。

 秀でた歌唱力を持ちながらも、バラエティでしっかり爪痕を残した2人であるが、濵田の天然さも神山の熱さも、決して“狙いすぎていない”ところが芸人にも刺さっている理由のように思う。笑いに走るのではなく、一生懸命さがベースにあるからこそ、ツッコミどころのある面白さを生むのではないだろうか。また「カッコよくて歌が上手い」というアイドルの王道と、笑いに繋がる“阿呆”っぽさのギャップが彼らの大きな魅力に繋がっているのだろう。次回1月8日放送回では濵田の出演がアナウンスされており、“鬼レンチャン”達成を願いつつ、笑いを生む活躍にも期待しながら放送を待ちたい。(北村由起)

TOPICS

ジャンル