top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「日本文化を踏みにじる行為」波紋を広げた日本人のゴミ拾い“逆再生動画”に怒りの声広まる!「全く恥ずかしい」

THE DIGEST

「日本文化を踏みにじる行為」波紋を広げた日本人のゴミ拾い“逆再生動画”に怒りの声広まる!「全く恥ずかしい」

 SNSで拡散された動画が波紋を呼んでいる。

 物議を醸したのは、現地時間11月27日に開催されたカタール・ワールドカップのグループEで日本代表がコスタリカ代表と対戦した直後にツイッターに投稿された一本の動画だ。イギリスでSNSエディターなどを務めるアンディ・ハー氏が作成した映像の内容は、日本人サポーター2人がゴミ拾いをする姿を“逆再生”し、彼らがスタジアムを散らかしているように見せたのである。

 日本人サポーターたちがスタジアム内で見せている清掃活動は、カタールの地で一大ムーブメントとなるほど脚光を浴びている。その輪は各国サポーターの間でも広まっており、モロッコやガーナ、サウジアラビアなどの応援団も試合後にゴミ拾いをして話題となった。

 そうしたなかで、「日本のファンが袋からゴミを取り出し、笑いながらスタジアムのあちこちに置いていく映像。みっともないシーンだ」と冗談交じりに“逆再生映像”を投稿したハー氏には非難が殺到。海外メディアからも嘆きの声が上がった。
  米メディア『News Week』は、大会を通して賛辞を送られてきた日本人サポーターたちの清掃活動を「彼らの親切な行ないは称賛に値する」と強調。そのうえで、ハー氏がいたずらに作成した動画について、「憤りを覚える」と断じた。

「多くの人々が感じたと思うが、これは日本の文化を踏みにじる行為であり、苛立ちを覚えるものだ。一見すると、問題の動画は、コスタリカに敗れた日本人サポーターたちが敗北の鬱憤を晴らしているように見えるが、真実はこれとは大きくかけ離れており、彼らはこの時も清掃を行なっていた」

 おそらくハー氏は世界的なトピックとなっていた清掃活動を冗談交じりに脚色したつもりだったのだろう。しかし、日本人サポーターたちの親切心を小馬鹿にしたような編集には、国内のユーザーたちからも「恥ずかしい」「何が面白いの?」「滑っている」と非難轟々。その余波は、投稿から約3日が経ってからも広まっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なぜルールを守らないのか?」クロアチアの“最も美しいファン”の投稿が再び炎上!「これは恥ずべき行動だ」【W杯】

【関連記事】「美しいW杯だ」日本サポの忘れ物を届けたコスタリカ人女性の“親切心”に賛辞!お返しは「Jリーグユニ&日の丸ハチマキ」【W杯】

【関連記事】「素晴らしい!」ドイツ撃破の森保Jが魅せた“紳士的な振る舞い”に賛辞止まず!「心から尊敬する」【W杯】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル