top_line

「日本の成績は我々を困惑させている」海外メディアがスペイン戦の両国スタメン&スコアを大予想!注目の結果は!?【W杯】

THE DIGEST

「日本の成績は我々を困惑させている」海外メディアがスペイン戦の両国スタメン&スコアを大予想!注目の結果は!?【W杯】

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)グループE組の日本は現地12月1日、2010年南ア大会優勝国のスペインと決勝トーナメント進出を懸けた大一番に臨む。

 日本は1998年フランス大会から7大会連続でW杯に出場しているが、過去2大会連続で決勝トーナメントに進出したことがない。史上初の2大会連続ベスト16入りへ、決戦の時が刻一刻と近づく。
【動画】無敵艦隊から勝利を掴めるか!?W杯初戦で見せた勇猛果敢な攻撃をプレイバック

 日本-スペインの一戦は、海外メディアも大いに注目している。様々な海外リーグをカバーするネットメディア『90min』のグレイ・ホワイトブルーム記者は28日、日本-スペインのスコアとスターティングメンバーを予想した。
  同記者は、「SAMURAI BLUEにとって波乱に満ちたW杯のグループステージ最終戦はスペインと対戦する。ハジメ・モリヤス率いる日本はコスタリカ戦で、まさかの敗戦を喫してしまった。日本はグループEで唯一無敗のスペインに1ポイント差で、まだ2位につけている」と日本の現状を説明する。

 加えて、「ドイツがコスタリカを2点差で破った場合、日本は勝点1でも予選通過が可能だが、勝てばベスト16進出が確定する。スペインは勝点1が欲しいところだ」とグループEの展望を論じる。

 ホワイトブルーム記者は両国の対戦について知っておくべき情報として、過去A代表での日本とスペインの対戦成績(通算2戦で日本が0勝、スペインが1勝)やW杯を含めた直近5試合の両チームの成績(日本が2勝2敗1分、スペインが3勝1敗1分)を記載。そして、注目の両国スタメンを予想した。■日本(システム3-4-3)
GK
権田 修一

DF
板倉 滉
吉田 麻也
伊藤 洋輝

MF
山根 視来
遠藤 航
田中 碧
長友 佑都

FW
伊東 純也
浅野 拓磨
鎌田 大地

■スペイン(システム4-3-3)
GK
ウナイ・シモン

DF
ダニエル・カルバハル
ロドリ
エメリック・ラポルト
ジョルディ・アルバ

MF
ペドリ
セルヒオ・ブスケッツ
コケ

FW
フェラン・トーレス
アルバロ・モラタ
ダニ・オルモ
  ホワイトブルーム記者は、最後に注目のスコアを予想。「今大会の日本の成績は、多くの人々を困惑させている」と語り、森保監督のコメントを引用しながら両国の試合は激しくタフな試合になると予想。しかし、最後はスペインが2-0で日本から勝利を挙げるとしている。

「日本を率いるモリヤスは、『ドイツには勝ったが、スペインに勝てるとは限らない。スペインはW杯優勝国であり、我々は彼らに敬意を払っている』と言った後、『でも我々は、ドイツには勝ちました。スペインはタフな相手ですが、勝つチャンスは十分にあります』と反論した」

「モリヤスの言葉から読み取れるのは、スペインがタフであることは間違いないということだ。日本はすでに、ポゼッションを保持したいスペインの背後でスピードに乗ったプレーで攻撃を引き起こすことができることを、ここまで実証している。しかし、ルイス・エンリケ監督が作り上げたハイスペックなチームは、この脅威を封じることができるだろうし、スペインもかなりの脅威を日本に与えられるはずだ。予想はスペイン2-0日本」

 はたして、予想されたスコア通りの結果になるのか。それとも、サムライブルーが無敵艦隊を沈めて悲願のベスト8への挑戦権を自力で掴むのか。運命のグループE最終戦は現地時間12月1日の22時(日本時間28時)に、同時刻キックオフだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ドイツで浮上した“陰謀説”を真っ向否定! スペイン紙は指揮官L・エンリケの「日本戦は勝つ」発言を強調【W杯】

【関連記事】「ペンキが乾くのを見ているかのような退屈さだ」強豪国メディアが森保Jを辛辣評価! 米分析会社も日本のGL突破確率をE組最低に…【W杯】

【関連記事】元韓国代表パク・チソン、森保Jの敗因は「ターンオーバー」と指摘! 母国放送局で「予想を変えざるを得なかった」と持論【W杯】

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル