top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

EAが“チーミング”を検出するシステム特許出願―FPS以外にも実装される可能性も

Game*Spark

EAが“チーミング”を検出するシステム特許出願―FPS以外にも実装される可能性も

エレクトロニック・アーツ(EA)が、本来対立しているプレイヤーやチームが、他者よりも不当に優位に立つために協力・連携する、一般的に“チーミング”と呼称される行為を検出するシステムの特許を、出願していたことが明らかになりました。

本特許は、「オンラインゲームにおける結託の検出(DETECTING COLLUSION IN ONLINE GAMES)」と題されており、2021年5月に出願、2022年11月に公開されたもの。特許説明文によると、システムではゲームプレイ行動データに加え、チャット内容やフレンドリストといったシステム上の交流や関係を分析して“結託”を推測するそうです。

なお、結託行為が明らかとなったプレイヤー・チームについては、「試合からの除外、報酬のはく奪、出場停止、BANなど」のペナルティが示唆されており、これらの措置についても“自動的に、または人間やアルゴリズムによるレビューの上で講じられる”可能性が説明されています。EAでは『バトルフィールド 2042』や『Apex Legends』などのサービスを展開中であり、説明文では格闘ゲームやシューティングゲームに関連した例が登場するものの、「(本システムの)実装は例示されたジャンルに限定されない」とのことです。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル