top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「見よ、この華麗なる猫パンチング!」WCを目指す伝説のゴールキーパーキャット、兄猫の陰謀により夢は潰え去ったようだ

カラパイア


 トルコの居候猫、ダルタニャンと仲間たちのクラスおうちの隣には、家主の息子さん一家が住んでいて、サンティ、インディ、チューイーという3匹の家猫たちが暮らしている。

 ここんちの次男坊インディくんは、知る人ぞ知るゴールキーパーキャットとしても有名で、百発百中の勢いでゴールを守り続けているんだ。

 ワールドカップに世界が湧いているタイミングなので、インディくんのマーベラスな猫パンチングを思う存分見てもらおう。



Goalkeeper Cat Got Snubbed from FIFA World Cup!

 お部屋に人工芝を敷き詰めて、本格的なゴールをセット。さあ、インディ、用意はいいか?

 お気に入りの緑のボールがゴールを目指して飛んでくる。だがインディくんはすべて軽々とパンチング! ゴールポストの中には1個だって入れないニャ!

 見よ、この華麗なるジャンプ!

 だがこの様子を冷ややかに、モニターで眺めているヤツがいた。そう、この家の長男、サンティ氏だ。インディの華麗なプレーを見ているうちに、走馬灯のようにサンティ氏の記憶がよみがえって来たんだぞ。

 ふつふつと湧いてきた怒りをにくきゅうに込めて、ゴールラインをくにゃっと曲げたサンティ氏……。後にFIFAから届いたらしいカードには、「4年後にまたね!」と書いてあったみたいだ。

 サンティ氏の走馬灯のシーンはこちらからフルカラーでどうぞ。


written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル