top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中みな実「私のことが好きでも嫌いでも使ってみて!」 低い枕を共同プロデュース

TOKYO HEADLINE

 

 田中みな実が29日、都内で行われたエアウィーヴの新商品発表会に登壇した。

 新商品は、田中が共同プロデュースした「エアウィーヴ ピロー スリム “みな実のまくら”」で、エアウィーヴの機能をそのままに薄型にしたもの。同社が新しい枕を発表するのは10年ぶり。「みな実のまくら」という名前については、田中は「あくまでも副題。私のことがどうこうということではないので、幅広い年代の方、私のことが好きでも嫌いでも使っていただきたい」とアピールした。

 自分に合う枕に出会えず、出張先のホテルなどではタオルを折り曲げて使用するなど“まくら難民”だった田中とエアウィーヴがタッグを組んで作った新しい枕。これまで同社のマットレスなどか利用していたが、枕は「自分には(高さが)高いな」と思って使用していなかったそうで、田中が声をかけて新しい枕の開発に取り組むことになったという。

 「頭が浮いているようだけれども低い枕」「寝返りを打っても頭が外れない長さ」など、さまざまな提案をしたそうで、田中は「いろんなことを言わせていただいたんですが、それをすべて思った以上にかなえてくださった」。

広告の後にも続きます

 「自分がずっと愛用している寝具メーカーさんから枕を出していただけるとは思わず、感慨深い」としたうえで、試作の段階からずっと使用しているそうで「どんどん良くなって、これぞ世に出てほしい商品だというものが出来ました」と胸を張った。

 田中は同商品の広告ビジュアルにも登場。発表会では2日前に撮影したばかりだというビジュアルも公開された。優しい光に包まれて、マットレスの上で寝転がりながら撮影。「うっかり寝てしまいそうでした」と笑った。

 田中の「良質な睡眠を得るために生きている」という発言はあちらこちらで聞く。この日もまた「きちんと睡眠を取れていないという人が、自分の実感なんですけど、9割ぐらいなんじゃないかなと思っています。寝る時間が取れていてもそれが果たして良質なのかっていうところが一番のポイント。YouTube見たりとかパソコンやったりとか、リモートワークしたりとか寝る直前までブルーライトを浴びていると頭が休まらないんです。できれば寝る2時間前にはオフにして……というのを私は心がけるようにしました。とにかく良質な睡眠を得るために生きているといっても過言ではないぐらい、睡眠って大事なんです」と、熱弁した。

 イベント終了後の取材では、寝室のこだわりについて質問も。

 寝室に限らずシンプルだといい、「アンミカさんが家に遊びにいらしたときに、宇宙船みたいな家やなっておっしゃってました。そのくらい物が少ない。寝室は本当にベッドだけ。携帯の充電もベッドルームではしません。寝室にはテレビとかパソコンとか、携帯とか、電子機器を持ち込まないことにしています」と、徹底していた。

 現在、ウェブや店舗で1000個限定で先行受注を開始。一般発売は12月20日の予定。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル