top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山口智子と橋本環奈がWヒロイン!佐藤浩市 × 横浜流星のボクサー物語「春に散る」

キネマ旬報WEB

 

ボクシングを通じて〈生きる〉ことを問う沢木耕太郎の小説を、佐藤浩市と横浜流星のW主演で、瀬々敬久のメガホンにより映画化した「春に散る」が2023年公開。新たに山口智子、橋本環奈、哀川翔、片岡鶴太郎、坂東龍汰の出演が発表された。

 

 

不公平な判定で敗れてアメリカへ渡り、40年ぶりに帰国した元ボクサーの広岡仁一(佐藤浩市)。同じく不公平な判定で負けて心が折れていたボクサーの黒木翔吾(横浜流星)。ふたりは偶然、飲み屋で出会う。やがて翔吾は自分から人生初ダウンを奪った仁一に、ボクシングを教えてほしいと懇願。彼らは共に、世界チャンピオンを目指す──。

広告の後にも続きます

仁一が所属していた真拳ジムの現会長で、彼に恋心を抱いていた真田令子を演じるのは山口智子。実写映画への出演は「スワロウテイル」(1996)以来27年ぶりで、佐藤との共演はドラマ『LEADERS リーダーズ』(2014)以来となる。

翔吾の恋人にして仁一の姪である広岡佳菜子役には橋本環奈。持ち前の明るさを抑え、陰のある役柄に挑む。

さらに新旧ボクサー役3名も明らかに。仁一の昔のボクシング仲間であり出所したばかりの藤原次郎を哀川翔、同じくかつての仲間であり仁一と翔吾の挑戦を支える佐瀬健三を片岡鶴太郎、翔吾の対戦相手となる東洋太平洋チャンピオン・大塚俊を坂東龍汰が演じる。

 

新キャストのコメントは以下。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル