top_line

東京コミコン、3年ぶりのリアル開催に豪華セレブ来日&67,668人が大熱狂!初の大阪コミコンの開催日も発表に

YESNEWS

2022年11月25日(金)~27日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて3年ぶりにリアル開催された「東京コミックコンベンション2022」(以下「東京コミコン 2022」)には、多数の豪華セレブと67,668人の東京コミコンファンが来場。その最終日の一部をレポートでお届けする。

この東京コミコンは、2016年12月に「東京コミコン2016」として実現。第1回の開催から毎年、海外の有名俳優や著名アーティストとのコミュニケーション、映画で使用されたプロップ(小道具)の展示・撮影、コスプレイヤー同士の交流の場などを設け、ポップ・カルチャーの祭典として人気を博している一大イベント。コロナ禍の2020年には、初のオンライン(TOKYO COMIC CON WORLD)での開催も行われたが、今年3年ぶりのリアルでの開催が実現。豪華なセレブも多数来日を果たした。

最終日の朝には、ヘイデン・クリステンセン&ダニエル・ローガンによるセレブ・ステージを開催。東京コミコンへの参加は初となるヘイデン・クリステンセンは、大ヒットSF超大作『スター・ウォーズ』シリーズで、シリーズの顔とも言えるダース・ベイダー/アナキン・スカイウォーカー役を演じて世界中で一躍有名に。ダニエル・ローガン氏は『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や『スター・ウォーズ/クローンウォーズ』でボバ・フェット役を務める大人気俳優で、東京コミコンへの参加回数はこれまでの来日セレブの中で最多。東京コミコンの“親善大使”も務めており、そのふたりを迎えての特別ステージが行われた。

昼には、ジョセフ&ジェイミー・キャンベル・バウアーによるセレブ・ステージを開催。ジョセフ・クインはイギリスの俳優で、今話題のSFホラードラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4にてエディ・マンソン役を演じて、その印象的なキャラクターから一躍有名に。ジェイミー・キャンベル・バウアーも同じく「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4にてヘンリー・クリールことヴェクナ役として出演しているイギリスの俳優だ。また、あの『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズの若きゲラート・グリンデルバルド役や、『トワイライト・サーガ』シリーズのカイウス役も演じるなど、注目の俳優であり、日本でも大人気のふたりによる特別ステージが行われた。

そして3日間に渡った「東京コミコン 2022」を締めくくるステージイベント「グランド・フィナーレ」では、まずアンバサダーのAKIRA氏が登場。「3日間もの凄いエネルギーでした。わたしも実際に色んなブースも見て回りましたが本当に盛り上がっていて、これからの東京コミコンも凄く楽しみになりました。ブースの皆さんやコスプレイヤーの皆さん自身が楽しみながら盛り上げてくださっていることで、会場全体が温かい雰囲気に包まれてましたし、様々な方々の協力でこの3日間盛り上がったと思います。みなさんありがとう!」とあいさつした。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル