top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】ティタン&BUSHI熱闘4勝目、大阪へ「イタダキマス」 金丸&DOUKI5連敗で絶望

プロレス/格闘技DX

【新日本】ティタン&BUSHI熱闘4勝目、大阪へ「イタダキマス」 金丸&DOUKI5連敗で絶望

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』長野運動公園総合体育館(2022年11月28日)
SUPER Jr.TAG LEAGUE公式戦 ○ティタン&BUSHIvs金丸義信&DOUKI×

 ティタン&BUSHI組がSUPER Jr. TAG LEAGUE公式戦で金丸&DOUKI組を破って4勝目。敗れた金丸&DOUKI組は開幕5連敗で優勝はほぼ絶望的となった。

 のっけからDOUKIがルチャの土俵で激しくティタンを意識。マスクにまで手をかけながら金丸とともにティタンを痛めつけて流れをつかんだ。

 それでも中盤にBUSHIが巻き返すとティタンも躍動。スワンダイブのハリケーンラナや勢い十分のトペ・コンヒーロを発射したものの、鈴木軍サイドも金丸がストッパーとして機能して決定打は許さない。逆にDOUKIがコーナー最上段からのラ・ランツァを繰り出すや、イタリアンストレッチNo.32でティタンにギブアップを迫った。
 だが、BUSHIがレフェリーを突き飛ばして何とかカットに成功。ならばとDOUKIがスープレックス・デ・ラ・ルナを狙っても、再び阻んだBUSHIがバッククラッカーで援護した。

 報いたいティタンもスワンダイブ式ボディプレスでDOUKI相手に反撃するや、BUSHIは金丸を場外に追いやってトペ・スイシーダで足止め。返す刀で最後はBUSHI&ティタンが必殺のアンヘル・インモルタルを決めて、DOUKIから3カウントを奪ってみせた。

 金丸&DOUKIは開幕5連敗で優勝は絶望的に。熱戦の末にティタン&DOUKI組が4勝目で首位タイに浮上した。続く12・2大阪大会では、アレックス・ゼイン&エル・リンダマン組相手の首位攻防戦に臨むが「楽しみだよ。でもな、試合の方は、俺たちが“いただきます”よ」とBUSHIは言い切ってみせた。

【試合後のティタン&BUSHI】
▼ティタン「またも勝利!リーグ優勝にまた一歩近づいた。BUSHIと“エル・インモルタル”ティタンはここだ!ここニュージャパンで一番のユニット、L・I・Jの看板を背負って俺たちは闘っている!俺は“エル・インモルタル”ティタンだ!やってやろうぜ、パレハ!」

▼BUSHI「もうバッチリだろ。いいペースだ。いい流れできてるぞ、ここまで。俺とティタンの相性もバッチリだろ。な?かみ合ってるよ、十分。今日の相手はなに、勝ち負けにこだわってないだって?そんなヤツいるか?不気味な相手過ぎて、警戒心の方が強かったな。ま、それにしても次の公式戦は大阪(12・2)だよ。な。初遭遇のヤツもいるしな、楽しみだよ。でもな、試合の方は、俺たちが、いただきますよ」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル