top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

殴られ流血した顔、剥きだしの闘志、日常生活での笑顔 岸井ゆきのが様々な表情を見せる『ケイコ 目を澄ませて』アザービジュアル6種

SPICE

(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


12月16日(金)公開の映画『ケイコ 目を澄ませて』から、6種のアザービジュアルが到着した。

『ケイコ 目を澄ませて』は、元プロボクサー・小笠原恵子氏の自伝『負けないで!』を映画化したもの。『きみの鳥はうたえる』の三宅唱監督がメガホンをとり、両耳が聞こえないプロボクサー・ケイコと、視力を失いつつあるジムの会長の交流を描いた作品だ。主演の岸井ゆきのが演じるのは、生まれつきの難聴と付き合いながらプロボクサーとなった主人公・ケイコ。また、三浦友和がケイコを受け入れるジムの会長を演じている。さらに、会長の妻役で仙道敦子、ジムのトレーナー役で三浦誠己と松浦慎一郎が出演。そのほか、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中島ひろ子、仙道敦子らがキャストに名を連ねている。

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書き留めた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す。

公開されたアザービジュアルは、岸井ゆきの演じる主人公ケイコの様々な表情を切り取ったもの。殴られて目の上から血を流し、闘志むき出しの鋭い視線をむけるビジュアルや、リングを降りた日常の中で笑顔を見せるものまでが公開されている。

広告の後にも続きます

(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


また、ビジュアルには、本作を鑑賞した映画監督やプロデューサー、ライターらのコメントも一部抜粋して掲載されている。

(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


(C)2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル