top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「ケットマイヤー」試飲会 光と音の中で味わうリッチなワイン

ワイン王国

11月21日、イタリア、トレンティーノ-アルト・アディジェ州にあるワイナリー「ケットマイヤー」の試飲会が行われた。「シャンパーニュ&スパークリングワイン世界選手権2022」では『ブリュット アテシス 2018年』が「ベストイタリアンスパークリングワイン」を受賞。光と音の中でテイスティングをするという新しい試みの下、南アジア・中東エリアマネジャーのエリカ・ガロンさんがケットマイヤーの魅力について解説した。

リッチなブーケを持つワインを生み出す「ケットマイヤー」

「ケットマイヤー」はイタリア、トレンティーノ-アルト・アディジェ州にあるワイナリー。1919年、ジュゼッペ・ケットマイヤー氏が創業。「けがれなきワイン造り、土地に根差した品種、製品ごとの個性に重きを置くこと」を哲学とし、伝統と革新の二輪のワイン造りに取り組んでいる。
55ヘクタールの畑を所有し、その標高は高いところでは800メートルにもなる。それゆえ畑に機械を導入することが難しく、今回試飲したアイテムはすべて手摘みで収穫されたブドウを使用。昼夜の寒暖差が激しく、フレッシュでリッチなブーケを持ったワインが生み出される。

[ 関連記事を読む – トレンティーノ-アルト・アディジェ ]

イタリア最北のトレンティーノ-アルト・アディジェ州

「ケットマイヤー」のあるトレンティーノ-アルト・アディジェ州は、イタリアで最も北に位置する。北はオーストリア、スイスと国境を接し、西はロンバルディア州、東はヴェネト州に接している。州のほとんどが山岳地帯で、ブドウ畑は標高200~1300メートルの高さに広がっている。

広告の後にも続きます

会では『ブリュット アテシス 2019年』『ピノ ビアンコ アテシス 2019年』『ミュラー トゥルガウ “アテシス” 2012年』『ピノ ネーロ “マゾ ライナー” 2019年』を試飲。

左から『ブリュット アテシス 2019年』『ピノ ビアンコ アテシス 2019年』『ミュラー トゥルガウ “アテシス” 2012年』『ピノ ネーロ “マゾ ライナー” 2019年』

『ブリュット アテシス 2019年』
品種:シャルドネ49%、ピノ・ビアンコ42%、ピノ・ネーロ9%
2年間オリに漬けて瓶内2次発酵をしたこちらはとてもアロマティックで、果実由来のほのかな甘やかさを感じる。持続的な細かい泡立ちと豊かなミネラル感が特徴。

深い海を思わせるブルーの光の中、ブラインアン・イーノとハロルド・バッド作曲、アルバム『ザ・パール』より『輝く魚のいる小川』を流して試飲した。
「弾ける泡の軽やかさと、小川を跳ねる魚の様子をイメージさせるこの曲は、海の潮風を感じるこのワインによく合います」とガロンさん。

『ピノ ビアンコ アテシス 2019年』
品種:ピノ・ビアンコ100%
ラベンダーの香りに青リンゴのニュアンス、程よい酸味が心地いい。持続的で繊細なミネラルが感じられる。スパイスのトーンが特徴的で、滑らかかつ刺激的な味わい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル