top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

×純文学少女歌劇団[イベントレポート]<東京コミコン2022>で多彩なパフォーマンスを披露!

Pop’n’Roll

×純文学少女歌劇団[イベントレポート]<東京コミコン2022>で多彩なパフォーマンスを披露!

×純文学少女歌劇団が、11月25日(金)〜27(日)に幕張メッセで開催された<東京コミックコンベンション2022(通称:東京コミコン2022)>のメインステージに出演し、日本では初のBLACK PARADE(ライブステージ)を披露。11月に出演したラジオで曲名が明らかになった6曲と、ミュージカルステージの曲を含めた全8曲をパフォーマンスした。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

撮影:林晋介

MCの俳優・米本学仁による紹介が終わると、待ち望んだファンから拍手が起こり、会場は妖しい光に包まれ、鐘の音とともにメンバーが登場。秒針が止まるとステージ上の彼女たちの動きも止まる。曲がスタートし、美しいコーラスから始まると、会場は一気に×純文学少女歌劇団の世界となった。

曲が終わると、栗捨アガサの“整列!”という号令に従い、メンバーがステージ上に一列に並ぶ。自己紹介をし、メンバーが1人ずつ挨拶をすると、そのたびに大きな拍手が起こった。

各メンバーが自己紹介を終えると、傘飛空メリーの“BLACK PARADEの始まりを飾るこの曲でスタートです!”という掛け声とともに、「おとぎ話シンドローム」が始まった。

続いて、「ファム・ファタール」を歌い切ると、若草式エイミーの“東京の熱気さいこーーう!”という声からMCパートへ。

胡桃沢セイラが“寂しい少女の心と、この会場を温める準備はできていますか?”と会場に問いかけると、会場からは大きな拍手が起こる。セイラが“私のおかげで盛り上がったわよ”と言うと、若草式ベスが“みなさん同情で盛り上がってくださっているだけ”と言い合いが始まり、若草式ジョーが止めるなど、舞台さながらにメンバー同士の掛け合いがくり広げられた。

赤家野アンの“東京コミコン、準備はいい?”と曲を振ると、大型LEDパネルには、9月に行なわれた初舞台の映像と合わせて、ミュージカルパートで披露した「The Fairy Girl is Over」が流れ出す。

桃園モモが睨みつけるとメンバーは目を伏せ、そしてモモに手を差し出す。メンバー全員がそれぞれ秘密を持って集まった歌劇団でのこの曲と、この演出は、BALCK PARADEによる特別なものだ。

続いて、WACKがサウンドプロデュースを務めるBLACK PARADE。その曲の中でも、WACKサウンドがより感じられる曲「DESTINY」が流れると、会場が赤と白のライトに包まれた。

曲が終わると会場が大きな拍手で包まれている中、白を基調としたライトにより幻想的なステージへ一気に雰囲気が変わった。若草式エイミーのソロから始まるミディアムバラード「ゴシック・アンド・ロリータ」を歌唱し、×純文学少女歌劇団のパフォーマンスの幅の広さを魅せつけた。

白雪リンゴが“BLACK PARADEだけでなく、歌劇団として演劇活動も行なっています。そこでは私たちの性格や秘密について知ってもらえます”と紹介したあと、栗捨アガサが“寂しいですが、次で最後の曲となります”と話し、タイの生放送番組に出演した際にパフォーマンスした、BLACK PARADEの代表する1曲「道化師たちのロンド」をアクト。

有栖川アリスが“これからもっともっといろんなことに挑戦したいし、いろいろな私たちをお見せできたらなと思っております。そのために頑張っていきますので、×純文学少女歌劇団の応援をよろしくお願いします。ありがとうございました!”と最後の挨拶をすると、鳴り止まない大きな拍手が起こった。

歌劇団さながらの、1人ひとりメンバーが挨拶しながら歌い上げる「黒い蝶」にて最後のエンディングを飾り、日本では初めて披露したBLACK PARADEのライブパフォーマンスが幕を閉じた。

ミュージカル以外にもBLACK PARADEというライブパフォーマンスを世界へ届けるために活動をしていく×純文学少女歌劇団。先月開始したTikTokでは“全員がセンター”というコメントがつき、そのビジュアルの高さと世界観が人気となり、フォロワー数がどんどん伸びている。タイで撮影した動画は、現在93万回再生されるなど、舞台・音楽・SNSとさまざまな分野で活動の幅を広げている彼女たちに、期待が高まっている。

TOPICS

ランキング

ジャンル