top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

突然訪れた友達の死 動き出す4人の物語 北村匠海&中川大志主演 「スクロール」予告

映画スクエア

 2023年2月3日より劇場公開される、YOASOBIの大ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる橋爪駿輝による同名小説の映画化作「スクロール」の、本予告が公開された。

 本予告は、「この社会で夢など見てはいけない」という、北村匠海演じる〈僕〉の一言から始まる。上司のパワハラに耐えながら“消えてしまいたい”と思い詰める〈僕〉、何事も“楽しければいい”と刹那的に生きる中川大志演じるユウスケ、結婚こそすべてと信じ“〈幸せ〉が欲しい”と願う松岡茉優演じる菜穂、 何者にもなれず“特別になりたい”と願う古川琴音演じる〈私〉の4人それぞれが、悩み葛藤する姿が描かれている。そして、突然訪れた友達の死。そのことをきっかけに、ユウスケと〈僕〉の物語が一気に動き始めることが描き出されている。

 Saucy Dogが本作のために描き下ろした主題歌「怪物たちよ」も聞くことができる。登場人物に寄り添ったメッセージが込められた歌詞とボーカルを務める石原の歌声が、4人の心が躍動する疾走感にあふれるシーンとシンクロした予告編となっている。

 「スクロール」は、理想と現実のギャップに溺れながらも、社会や自分と必死に向き合う若者たちの姿を描いた青春群像劇。学生時代に友だちだった”僕”とユウスケのもとに、友人の森が自殺したという報せが届く。SNSに思いをアップすることで何とか自分を保っていた”僕”、刹那的に生きてきたユウスケ、特別な自分になりたいと願う”私”、ユウスケとの結婚がからっぽな心を満たしてくれると信じる菜穂の時間が交錯していく。”僕”を北村匠海が、ユウスケを中川大志が務める。「CUBE 一度入ったら、最後」の清水康彦監督がメガホンを取る。

【作品情報】
スクロール
2023年2月3日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ショウゲート
©橋爪駿輝/講談社 ©2023映画「スクロール」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル